毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

タグ:お地蔵さま ( 7 ) タグの人気記事

供養会の日はおにぎりをたくさん作りました^_^

思ったより人が集まったので私は食べれませんでしたが、とても美味しかったそうです

茶話会では、おにぎり、みそ漬け、カフェ椿のお菓子、自家製しそジュースなどでワイワイとお話ししました111.png

はじめて会った人達もそれぞれ自分達で自己紹介し、次の再会を約束したりと言う感じでした

私が思い描いていた事が少しづつ現実に現れて来ました

毘沙門さまから「周りの人達を導きなさい」というお仕事を頂き、お釈迦さまの智慧を学ぶ場所、皆さんの癒しの場所を作りたいと行動して来ました

私は20代の頃自分の葬式の夢を見ました107.png

棺に入った自分自身を天井から眺めていました

あまり死んだ事を理解できず「私は死んだんだ〜」と…

でも周りの人たちが悲しんでいるのでとても申し訳ないと思いました

3才で兄と父を亡くし、18歳で親友を亡くし、幼い頃から死と向き合う人生でしたが、自分の死も夢でみて…

そして55歳で出家して、やはり此の世を去り仏様の子供として生まれ変わりました

生きているうちに何度も生まれ変わり、だんだんと幸せ度が増していきます169.png

この様な催しは、実は皆さんの心の供養会です

神仏に近づくと言う事は、自分自身の魂のあり方を考えるきっかけになるように思います

私にとっても皆さまがお幸せになられます様にと願う日でした173.png

供養、祈願のカラフル塔婆がこんなにたくさん並びました

毘沙門さまとの出会い  地蔵菩薩供養会②_c0348065_17442177.jpg
地蔵祭りをイメージしてお部屋を飾りました
毘沙門さまとの出会い  地蔵菩薩供養会②_c0348065_17424619.jpg
毘沙門さまとの出会い  地蔵菩薩供養会②_c0348065_17423429.jpg




by bisyamon0114 | 2017-08-30 08:08 | Comments(0)
24日お地蔵さまの供養会が終わりました

朝10時前からチラホラと人が集まり始め、開始時には20人くらいになったでしょうか

さすがお地蔵さま、子供達も集められました110.png

予想外の大人数に、光照はアタフタ、仏間はギュウギュウ詰め149.png

嬉しい〜、当日午前3時まで供養会の準備をして睡眠時間は3時間半だったのですが眠気など吹っ飛びました

私は自分だけが会を進めるのではなく、信徒さんと一緒に楽しむ、作る一体感を感じたいので、当日の会は工夫しました

色紙で塔婆を作り、キャカラバア(五輪の塔)を作りました

私のヘタッピな梵字ですが、一枚一枚手書きしました

それに割り箸を裏に糊付けして、さらに祈願を書く裏紙を作り、いろがみの塔婆に祈願を書いて糊ずけして頂きました

裏紙作り、写経会に来られた方もお手伝いして下さいました
毘沙門さまとの出会い  地蔵菩薩供養会 ①_c0348065_17420800.jpg
毘沙門さまとの出会い  地蔵菩薩供養会 ①_c0348065_17462048.jpg
毘沙門さまとの出会い  地蔵菩薩供養会 ①_c0348065_17430053.jpg
信徒さん達、童心に戻って工作です109.png

そして賽の河原をイメージして、木の餅箱に白い石を敷き詰め、その箱に貼り合わせた塔婆をそれぞれ刺して頂きました

前日の夜は
当日に来れない方が前以て書きに来られた分の塔婆の分だけ

中央のお地蔵様は今まで私が大切にして来たミニミニお地蔵さま

横のお人形は信徒さんが作られた布ころ人形、ちょう〜かわいい162.png

賽の河原に助けに来られるお地蔵さまに、皆さんのお願いも持って行って頂きたいとイメージしました

当日の賽の河原の様子はまたup致します










by bisyamon0114 | 2017-08-28 18:37 | Comments(0)
旧暦のお盆も今日までとなりました

皆さまお墓参りにはいかれたでしょうか?

私は父母と兄の眠るお寺さんの納骨堂にお参りに行ってきました

3男の兄は8才で亡くなりました、私が3才の時です

その年は兄が1月、父が9月に病気で亡くなりました

私はかすかに父の事は覚えていましたが、兄の記憶は全くありませんでした

でも、先日10日に兄のことを思い出しました

お地蔵さまの修行のおかげです101.png


先月から引き続きお地蔵さまの修行中です
y
いつものように10日で事務所の仕事を終え、夜にはお地蔵さまの修行をしました

久々にゆっくりお経を上げる事が出来て心が安らぎました

オンカカカビサンマエイソワカ

お地蔵さまの真言を唱え始め千五百回頃、急にお唱えするのが楽になりました

私のお唱えする真言が空から降ってくるように聴こえ、とても気持ち良くなりました

そして涙がぽろぽろと流れだし、涙と共にひたすら数珠を繰り真言を唱え続けていると、亡くなった兄の事が不意に思い出されました

と言うか、兄からのメッセージを受け取りました

生前、私の母が亡くなった兄の思い出を話して悲しんでいました

「あの子は力が強くて、優しい子だった、貧乏で何も美味しい物も食べさせられないまま死なせてしまった…170.png

子供心に、私は母も兄も可哀想だなと思ったものです

兄からのメッセージはこんなものでした

自分は早く此の世を去ってしまったけれど、楽しかったよ102.png


皆んなで(我が家は8人の子だくさん)毎日遊んだ思い出があるよ

だから心配しないでいいから

要約すると、こんな感じです

そして、兄が私と遊んでくれた思い出を写真のように見せてくれました

言い伝えのように、お地蔵さまが賽の河原で石を積んでいる兄を彼岸に連れて行ってくださったのでしょうか

私の兄に対する感情が浄化されました

お地蔵さま、ありがとうございました173.png


8月24日は地蔵盆です、光柳院ではお地蔵さまがいらしてからの初の地蔵盆

お地蔵さまの供養の会を10時から行います

子供さんの祈願、水子供養、ご先祖さま、また自分自身の餓鬼供養、延命祈願等、参加される方は10時から始めますのでおいで下さい

その後は皆さまで茶話会をして12時に終わる予定です

市野瀬の栗、日に日に大きくなっています
毘沙門さまとの出会い  お地蔵さま④_c0348065_08245721.jpg
眩しい程の新緑、いつもの散歩道
毘沙門さまとの出会い  お地蔵さま④_c0348065_08251685.jpg


by bisyamon0114 | 2017-08-16 08:54 | Comments(0)
5月12日、私は師僧の庵に出向きお地蔵さまを脇侍として入れたいので仏像の注文の相談に伺いました

予算はと聞かれ20万円位でお願いします…

光照の御本尊、毘沙門さまは懐に入れられるサイズという事で15センチ位なので、お地蔵さまも、そうそう大きくは作れません

師僧と相談してサイズは60センチになりました、それでも毘沙門さまの4倍の大きさです150.png

注文先も決めて、後はお地蔵さまがいつになるか待つばかり^_^

しかし、ふと心配もよぎりました

お地蔵さまの注文の前に施餓鬼棚を作る計画をしていたので、それを合わせると40万円くらいの費用が必要になります

いまの時点で40万円出したら、手持ちのお寺の資金は無くなってしまうので、お祭りの予算が足りなくなってしまいます

10月22日の毘沙門祭りの予算も50万は必要だし

けっこう119.png168.png

これから光柳院では毎月の月参りの行事で、施餓鬼をしていこうと決めていたので施餓鬼棚は必要です

師僧から「大丈夫ね、お金持ってるね?

とストレートに聞かれたと言うか、心配されてしまいました

「お地蔵さまか施餓鬼棚かどちらかにしないね?」

とも言われましたが「いいえ、もう決めた事ですからお祭りまでには頑張って稼ぎます!」

と言ったものの、翌日からお寺の資金繰りの工夫をしなければと、色々考え始めました

まずはお地蔵さまが出来てから開眼し、信徒さんにお地蔵さまへの祈願の案内をしてみよう…などなど

そして翌々日、信徒さんがご夫婦でご相談に見えられました

ご相談が済んで、私がお地蔵さまを脇侍にいれるお話をしました

すると信徒さんが「お地蔵さまを入れられるんでしたら、私が費用を出します」

えっ150.png私は事の成り行きが理解できずに

「いえいえ、まだ注文したばかりでいつ出来てくるか分からないので、出来上がり開眼したらお知らせ致します、それから何かお地蔵さまへの祈願をしていただければと思っています」

信徒さんは「あの、私はお地蔵さまを作る費用を全部出したいのです 」

そして、20万円を明日の朝に送金して下さることになりました

17日の朝にお地蔵さまの費用20万円が振り込まれていました

12日にお地蔵さまを入れる事を決めて、13日に資金繰りを心配し、14日に信徒さんが来られて、15日にお地蔵さまの費用をお布施して頂きました

なんと言う速さ、毘沙門さまが動かれたのだとわかりました!

神仏が良しとして働いて下さるとこのように、超スピードで動きます173.png

信徒さんは歯医者さんで、お地蔵さまへの思いを語ってくださいました

「私はお地蔵さまが大好きなんです、私の医院の道を挟んで向かい側にお地蔵さまがあるんですよ

熊本地震の時にそのお地蔵さまが倒れていたのでわたしが起しに行きました

それから毎日お地蔵さまの所をお掃除しています」

私は信徒さんの医院に時々お伺いするのですがお地蔵さまには気がついていませんでした140.png

毘沙門さまは全部ご存知で、そんな優しいお地蔵さま好きの信徒さんをその日に派遣してくださいました

本当に有難い事です、お布施して頂いた信徒さん、いつも助けて下さる毘沙門さま、私の周りの全てに感謝です177.png

お地蔵さま162.png

毘沙門さまとの出会い お地蔵さま③_c0348065_19105967.jpg
毘沙門さまとの出会い お地蔵さま③_c0348065_19103509.jpg











by bisyamon0114 | 2017-07-24 19:12 | Comments(0)
173.png先日の豪雨ではたくさんの方が被害にあわれ、そして亡くなられました

本当に悲しいことです、ご冥福をお祈りします

ここ光柳院の近くには迫間川という川がありますが、上流に龍門ダムがという大きなダムがあるので水害は無くなりました

ダムの少し手前に八大龍王さまをお祭りしてある神社があります

パワースポットとして有名で県外からもお参りにこられるようです

光照と龍神さまは縁が深く、日々のお勤めの際は龍神さまの真言も必ずお唱え致します

光柳院の上には八大龍王さまがおられ、ここをを護り頂きありがたい事です101.png

地蔵菩薩さまは7月14日に開眼致しました

いまお地蔵さまの修行中ですが、ご相談の方がお見えになる合間にやるので、真言三万回はまだまだです105.png

でもお地蔵さまに働いて頂く祈願の予定がすぐに迫っていますので、頑張らねば!

お地蔵さまはお釈迦さまが亡くなられた後、弥勒菩薩さまが現れるまでの間、六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天界)に現れて衆生を救う菩薩さまと言われています

一般的には子供の守護で知られていますね

子供が親より先に死ぬと賽の河原で道に迷い彼の世に行けず成仏できなくなるのでお地蔵さまに救って頂く、という民間信仰があります

子供が健康にすくすく育つようにとのお願い、延命、水子の供養などもお地蔵さまに祈願致します

私がお地蔵さまを光柳院の脇侍に入れたいと思ったのも、子供さんを亡くされたお母さんのためです

18歳で娘さんを亡くされたという人が光柳院にこられたのは昨年の夏でした

悲しみを一杯背負ってやってこられたという感じでした168.png

生きていく力を無くされていました

お話しを聞くしかできない状態でしたが、娘さんの供養のために写経をされ一年になります

そして今年6月の一周忌の供養を私に依頼されました

私も親友を18歳で亡くし、その悲しみを癒すまで30年かかりました

同じく18歳で亡くなられた娘さん、そして残されたお母さんの心を思うと人ごとではなく、いたたまれない思いでした

一周忌の供養で精いっぱいお経をあげ冥福を祈ろう、参列される方の心を少しでも癒せるよう心をこめてお経を上げようと思いました

でも、まだ何かできることは無いかと思い、そして思い浮かんだのがお地蔵さまを光柳院に入れることでした102.png

お母さんがお参りに来られた時にお地蔵さまがおられたら喜ばれるだろう、お地蔵さまのお顔を眺めたら心が安らがれるだろうと思いました

そして決心、お地蔵さまの注文です173.png

菊池市の龍王神社
毘沙門さまとの出会い お地蔵さま②_c0348065_09084431.jpg
毘沙門さまとの出会い お地蔵さま②_c0348065_09091849.jpg



by bisyamon0114 | 2017-07-17 09:10 | Comments(0)
早朝、激しい雨音で目が覚め、眠れないので紅茶を飲み千春さんの焼いたシナモンロールで朝食をとっています

いま4時10分

昨日は一晩中雷雨だったそうですが、光照は雷さまの威勢の良い音は大好きなので熟睡でした152.png

それにしても、物凄い雨!

どうか、もう勘弁して下さい137.png

人の心が乱れると天災が起こると聞きますが、正にそんな感じです

全ての物を流してしまうつもりなのかと思わせる程の雨です

ふと動物たちは何処に避難しているのかな、と気にしていると、雨足が弱まるとかすかに鳥の鳴き声が聞こえてきました

人間が考えるより動物たちは賢く、反対に私達のことを心配しているのかもです

大雨の地域の皆さまがご無事でおられますように173.png

出家してからご本尊さまの毘沙門さまの事が好きすぎて脇侍を入れることができませんでしたが、ついに脇侍を入れることになりました

お地蔵さまです

仏像は先月注文して届いているのですが、いま一部分に金箔を貼るため職人さんに預けてあります

今月中旬には届く予定です

届いたら、開眼してお地蔵さまの修行を致します

師僧からお地蔵さまの真言を3万回お唱えするように指導されました

私は1万回はお唱えしなくてはと覚悟していましたが、その3倍でした122.png

一応、3日で終わらせようと思っています

1日1万回、オンカカカビサンマエイソワカ

如法衣をつけての久々の修行ですが、修行は仏様と向き合う時間を頂くのでありがたいものです

私は現生では、在家の人と同じように仕事をし、そして僧侶としての活動もしているので日々時間に追われています

近い将来、いつも光柳院で皆さまをお待ちできるようになりたいと思っています

加持祈祷は予約を取って頂くので助かりますが、来院される方には月末から翌月10日までは不在なので申し訳ないです

光柳院はカフェ椿を併設していますが、現在改装中です

熊本地震の影響で工事が立て込んでいる為、改装に時間がかかっています

改装後、開店できましたらまたお知らせ致します

開店するまでは予約で受け付けておりますので、カフェ椿においでの際はお電話下さいね

また光照は加持祈祷で出掛けて留守をしてることもありますので、来院の際はご連絡下さいね

光柳院、カフェ椿 0968-33-4233

次のブログからはお地蔵さまとの出会いのお話です110.png

今年も綺麗に咲いた光柳院の紫陽花
毘沙門さまとの出会い お地蔵さま①_c0348065_06273421.jpg
修行場の山紫陽花、素朴でかわいい
毘沙門さまとの出会い お地蔵さま①_c0348065_06341111.jpg














by bisyamon0114 | 2017-07-07 06:35 | Comments(0)
旧暦のお盆も今日までとなりました

皆さまお墓参りにはいかれたでしょうか?

私は父母と兄の眠るお寺さんの納骨堂にお参りに行ってきました

3男の兄は8才で亡くなりました、私が3才の時です

その年は兄が1月、父が9月に病気で亡くなりました

私はかすかに父の事は覚えていましたが、兄の記憶は全くありませんでした

でも、先日10日に兄のことを思い出しました

お地蔵さまの修行のおかげです101.png

先月から引き続きお地蔵さまの修行中です

いつものように10日で事務所の仕事を終え、夜にはお地蔵さまの修行をしました

久々にゆっくりお経を上げる事が出来て心が安らぎました

オンカカカビサンマエイソワカ

お地蔵さまの真言を唱え始め千五百回頃、急にお唱えするのが楽になりました

私のお唱えする真言が空から降ってくるように聴こえ、とても気持ち良くなりました

そして涙がぽろぽろと流れだし、涙と共にひたすら数珠を繰り真言を唱え続けていると、亡くなった兄の事が不意に思い出されました

と言うか、兄からのメッセージを受け取りました

生前、私の母が亡くなった兄の思い出を話して悲しんでいました

「あの子は力が強くて、優しい子だった、貧乏で何も美味しい物も食べさせられないまま死なせてしまった…170.png

子供心に、私は母も兄も可哀想だなと思ったものです

兄からのメッセージはこんなものでした

自分は早く此の世を去ってしまったけれど、楽しかったよ102.png

皆んなで(我が家は8人の子だくさん)毎日遊んだ思い出があるよ

だから心配しないでいいから

要約すると、こんな感じです

そして、兄が私と遊んでくれた思い出を写真のように見せてくれました

言い伝えのように、お地蔵さまが賽の河原で石を積んでいる兄を彼岸に連れて行ってくださったのでしょうか

私の兄に対する感情が浄化されました

お地蔵さま、ありがとうございました173.png

8月24日は地蔵盆です、光柳院ではお地蔵さまがいらしてからの初の地蔵盆

お地蔵さまの供養の会を10時から行います

子供さんの祈願、水子供養、ご先祖さま、また自分自身の餓鬼供養、延命祈願等、参加される方は10時から始めますのでおいで下さい

その後は皆さまで茶話会をして12時に終わる予定です

市野瀬の栗、大きな実がついてます
毘沙門さまとの出会い  お地蔵さま④_c0348065_08245721.jpg
鮮やかな田園風景
毘沙門さまとの出会い  お地蔵さま④_c0348065_08251685.jpg










by bisyamon0114 | 2017-02-15 08:27 | Comments(0)