毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2019年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月25日、私の娘がブログに、TKU 栄太郎の家族が一番という番組の収録のことを載

せていますが、私も同じようにこの収録のことを下書きしていたので驚きました

光柳院とカフェ椿、医療事務の事務所の経営者と、3つの仕事全てが忙しくなってしま

い、夜にはバタンキューでブログを書くことができませんでした

今回、家族が一番というタイトルのとおり、家族で頑張っているところを紹介される番

組の収録で、私の今があるのは家族の協力をがなければできなかったと、最確認できま
した

私が周りの皆様によく質問されるのが「出家する時、ご家族は反対されなかったのです
か?」と言うことです

家族は反対するどころか、みんな協力してくれました101.png

特に年に一度のお祭りの企画、実行するにあたって、裏方の仕事は特に大変だと思います

日々の私自身の生活は、私と共に仕事をしている千春さんの全面協力あっての事です

日々忙しくて暮らしているうちに、家族の協力のおかげなんて忘れかけていました168.png

今回のTV撮影のテーマ、「家族が一番」で出家前の家族の写真を見せて下さいと依頼されて、色々な事を思い出しました

得度式の時の娘のスピーチを再度胸に刻み、これからも止まらず歩んでいこうと思います

「私の母は私の小さい頃から家の外ばかり見ていて、とても寂しかったです

昼は仕事をして、夜は電話で人の相談にのっていました

そんな母ですので、皆さんのことを一生懸命やりますので、私の母をどうぞ

使ってあげて下さい」

こんなスピーチでした173.png

信貴山の毘沙門さまは家族3人でお祭りしてあります

中央に毘沙門さま、右に奥さまの吉祥天さま、左にお二人の子供善にし童子です

娘が依然、「私達家族より毘沙門様がすきでしょう?」と聞いた時
「もちろんよ!でなけてば、出家して、こんなことできない」

と答えましたが、こんな事できているのは家族のおかげでした162.png

今年も咲きました、観音さまの百合(一本にお花が無数に咲き、まるで観音さまの頭のように見えます)


c0348065_11191218.jpeg
c0348065_11195370.jpeg
c0348065_11193096.jpeg










by bisyamon0114 | 2019-08-27 11:20 | Comments(0)

c0348065_15403337.jpeg

松村光照娘の千春です😊
8/30(金)9:50〜TKU英太郎さんの「かたらんね」の中の太田弘樹さんが担当される「家族が一番」で取り上げていただいています。

光柳院は松村光照が7年前に得度(出家、お坊さんになること)して、約3年前に開院しました(お寺よりも規模の小さいものを 「院」といいます)。

出家するまでの母は、日中は仕事を持ち、帰宅してからは家事、夜中は、私たち姉妹の為にお揃いの洋服を作ってくれました。
また、印象深く思い出すのは、電話で話している母の姿です。
お坊さんの姿こそしてははないですが、自分の時間を惜しみな
く周りの方の相談の為に使っていました。

小さな頃は、構って欲しくて寂しかったというのが正直な気持ちでした。
大きくなってから、その事を母とお話しする機会があった時に言われたのは、「家族の為に時間を使うのは当然だけど、家族から遠い人の為に身を使うことによって、自分の家族が守られる」、「周りに方の幸せの上にしか自分や家族の幸せは成り立たないのよ」と。

正直に言うと、頭では理解できても、腹の底までは入ってきませんでした。
本当に母は忙しくて、私は寂しいが先立ってしまっていたから。

でも、今は母の言っていた事が本当だなあと。
身をもって実感しています。
55歳という年齢で、普通の生活をしていたところから、新しい世界にチャレンジしてまで、自ら行動して、その事を証明してくれました。

自分の事は差し置いて、他人の為に一所懸命な母。
自分の時間を他人の為に使って、疲れ果ててもやめない母。
人の為に時間を使う。
「時間」は詰まる所、その人の命、人生だと、大事な人から教わりました。時間を頂くのは、その人の「命」を頂いている。私はそう実感しています。

歳をとるごとに、年を経るごとに、私たち家族は幸せになっています。
きっと、周りの方もそうなっていってると思えるから。

何事も押し付ける事なく、自ら行動する事でその真価を教えてくれる母。

そんな母はきっと皆さんの為に一所懸命に動きます。
今は、仏様のお力も借りることができるようになって、皆さまにも、母自身にとっても百人力です。

そんな私たちがやっている、「光柳院」とお寺カフェの椿。
皆さまに知っていただける機会を下さったかたらんねのプロデューサーを始め、太田さんにも感謝です。
取材にご協力くださった竜ちゃん、麻那美さん♡こんなに素敵なお客様に愛してもらっている事を今回の取材を通して再認識できました。

私たちの想いを知っていただける機会となれば幸いです。

寺カフェ椿 松村千春(松村光照の娘)

by bisyamon0114 | 2019-08-25 15:40 | 光柳院 とカフェ椿 | Comments(0)