毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あと1時間で今年も終わり、2016年は光照にとっては良い年でした016.gif

光柳院を開院してから1年になります

この1年間、よく働きました!

来る日も来る日も片付けて、やっと一段落した感じです

1番の思い出は大柴燈護摩をしたことです

菊池に来て、良い出会いがたくさんありました

菊池に移住して来てる若い人達、皆さん個性的でそれぞれ自分らしい生活を模索されています

熊本地震でたくさんの人達の運命が変わりましたが、人間は強いです、みんな頑張って再生しています

今夜はすごく星空が綺麗です、オリオン座を見ていたら流れ星もでました!

光柳院の近くは温泉だらけ、温泉に行って冬の星空をながめて、薪ストーブにあたりながら一年を振り返り

「しあわせ053.gif」と思いました

毎年、確実に幸せになってきている

毘沙門さまに感謝、私の周りの全ての人達に感謝して一年を終わります

皆さまありがとうございました

c0348065_23533550.jpg
焼き菓子&カフェ椿の千春さんのキッシュ、美味しかった
c0348065_23560353.jpg
美味しいオーガニックりんごジュースで乾杯
c0348065_00050645.jpg








by bisyamon0114 | 2016-12-31 23:58 | Comments(0)
昨日は、今年最後の修行のために師僧の庵に行って来ました

熊本から福岡まで山越えになります

今日はあいにくの雨模様

いつものことながら、国道から山道に入ると行き交う車もありません

山頂まで登り、ヘアピンカーブを曲がると「福岡県に入りました」とナビが教えてくれます
c0348065_08130219.jpg
グルグル登って行くと、こんな所に人家がと驚く場所に家が2軒あります

1件は熊本県、1件は福岡県に入って直ぐの所

人間は凄いなー、どんな所にも家を建てて住むからと思いながら通ります

こんな隠れ家のような所に住んでいる方は、ご先祖様が戦国時代に落ち延びてこられた
のでは…などと想いを巡らします

途中に昼間でも暗い杉林や竹林の細い道が何箇所かありますが、後は対面通行できる舗装道路です

c0348065_08133950.jpg


c0348065_08144778.jpg
山頂に登り、里に降りる途中で師僧の庵にはいるための林道に入ります

最初の頃は入り口を見逃し里まで降りて引き返すということが度々ありました

林道に入ってからが最後の関所008.gif

いつものごとく狭い道を落ちないようにゆっくり行きます

師僧が綺麗に草を刈っておられるので助かります

1時間15分位で到着しますが、景色を楽しむ心の余裕はありません

こんな山中で車が止まったらどうなるんだろうなんて、チラッと思ったりしますからね

師僧の庵が見えたらホッとします、昨日は薪ストーブの煙突から煙が登っていて風情がありました

c0348065_08145998.jpg
思えばここに行くまでも修行のようなものです

出家しなければ、こんな山道を自分で運転して、こんな場所に行くとは考えもしなかったでしょう

実際の昨日の修行は、師僧に全然ダメと怒られ修行が出来ておらず反省です

来年の課題は仕事と家事をしながら、如何に修行の時間を作るかです!

あ〜、毘沙門さま光照に時間をくださいと御願いしなくては

智慧をだせといわれますよね










by bisyamon0114 | 2016-12-28 09:02 | Comments(0)
2017年、お正月まで1週間たらずとなりました

今月は医療事務の事務所のお仕事がメチャ忙しく徹夜もして…

来年14日には還暦を迎える光照には、少しハードでしたが、弱っているような暇はなく、その後は僧侶の仕事がメチャ忙しい042.gif

先祖供養、家屋解体の安全祈願、写経会、悩み相談、家祓いなどなど

その合間にお正月のお祓いに使う大麻(おおぬさ)を作りに師僧の庵に行って来ました

来年のお正月も今年同様、1月2日(10時〜15時)まで光柳院は初詣のために開けます

後は13日以降でないと光照は不在ですので、お正月の参拝は2日にいらして下さいね

12日までは事務所の仕事の予約が入っています

いつも皆さんに「外貨を稼いで来ます」と言って医療事務のお仕事に出かけて行きます

003.gif

事務所のスタッフが優しいので、光照は二足のわらじで働く事が出来てます

頑張って僧侶の活動だけできるようにならなくてはですが

師僧には「あなたも大変だね〜」と言われますが、けっこう楽しくやっています

初めての大麻(おおぬさ)作りはけっこうしびれました〜

まずは御幣の百田紙を半分に切り、折り目を付けてカッターで切っていきます
c0348065_00414431.jpg
c0348065_00415953.jpg
今回は御幣を50枚つけることにしました

右に垂れるように折るのですが、チェックしたら反対折りもあったりして008.gif
c0348065_00421660.jpg
50枚出来たら棒の周りに糊付けですが、またこれも大変でした
c0348065_00423171.jpg
上に竹の棒をつけ、水引で縛り、ほぼ完成
c0348065_00424501.jpg

あと、これに五色の三角の紙を挟み、麻紐で垂れを作って飾れば完成です049.gif

完成品でお正月のお祓いしますので、いらして下さいね



by bisyamon0114 | 2016-12-23 00:57 | Comments(0)
徳島の一番札所、霊山寺は発願の寺と言われていてます

ここから四国を右回りに88ヶ所お参りして行きます

一番札所なので、ここのお寺さんの売店には必要な物が殆どあります

光照も、ここでお買い物しました

金剛杖
c0348065_12185620.jpg
私のは可愛い赤いカバー付き、カバーなしのもあり、長さも2種類ありました

次は白いポシェット、これ必需品、便利です
c0348065_12191236.jpg
中にロウソク、線香、納め札、ライター入れます
c0348065_12193115.jpg
そして一番の大物、納経軸、多くの方は納経帳を買われますが、わたしは13仏の絵の描いてある掛軸を購入しました
c0348065_12372989.jpg
とても綺麗な13仏の絵が描いてあります

掛軸のの表面には網のような白い絹がかけてあり、その上に納経をいただきます

四国巡拝では御朱印と言わず、納経と言いますが、それは本堂と大師堂に必ずお経を上げて、写経か納め札を奉納したという印としていただくようになっているからです

「納経所では、お参りは済ませられましたか?」

と聞かれるところもありました

スタンプラリーみたいに御朱印集めだけする人がおられるようです

でも私がお参りしてお逢いした人達は、皆さんお経本を見ながら一生懸命お経をあげられていました

夫婦仲良く、肩を寄せ合い一冊のお経本をひろげて納経されていた姿が印象的でした053.gif

でも、この納経に関しては、いく先々で苦労がつきまといました〜002.gif

売店で買ったのは、金剛杖、白いバッグ、納経軸、線香、ライター、納め札

お代を支払おうとしたら、奥に座られたていた上品なご婦人が出てこられ

「お軸を買って頂いたので、バックは差し上げます」

と言ってくださり、 バック頂いちゃいました049.gif

(あの方は、きっと霊山寺の大奥様では)

一番札所で、ラッキーなーことがあり、光照はテンションあがり出発となりました









by bisyamon0114 | 2016-12-17 13:22 | Comments(0)
今回、光照の四国巡拝の話を聞いた周りの皆さまの反応は「私も行きた〜い」でした012.gif

へ〜意外、若い男女の皆さまがお遍路したいの?

でも素直に信じて、それなら光照が経験したプチお遍路知識を公開!

なんて大げさですが、ベテランのお遍路さんからしたら当たり前の事とは思いますが、初お遍路さんミニ知識として読んでくださいね

まずお遍路さんの服装は白衣、ちなみに死装束を表しています

昔は歩いての巡拝だったため、険しいお遍路の旅の途中で亡くなられる人も珍しく無かったようです

なのでお遍路さんは、ある程度の覚悟をして巡拝されていたようです

それで、亡くなった時はそのまま葬ってもらうために死に装束の白衣で巡拝していたようです

光照の知人で、実家が徳島で今は熊本にお住いの方から、愛媛を回るときに私の先祖が途中で亡くなり葬られたお寺があるので私の分もお参りして来てくださいと言われました

徳島の実家の過去帳を見ていたら、ご先祖の女の人がお遍路中、愛媛で亡くなり札所のお寺に葬られていると書いてあったそうです

今度お寺の名前を調べておきますのでとの事でした

今は全身白の人ばかりではありませんが、だいたい上着だけは白衣を着ておられます

袖付き、袖なしがありますが背中には「南無大使遍照金剛、同行二人」と書いてあります

c0348065_00214326.jpg
これは私が着た白衣

南無大使遍照金剛とは、お大師さまの御宝号、お遍路中はお大師さまが一緒におられるという事ですね053.gif

本日は白衣のみで終わります

光照は下着から、靴、全身真っ白で白うさぎ状態でした!

ちなみに僧侶になってから衣の下着は白と言われ、全て白に買い替えたのです

この人生でお遍路に行けた事に感謝しています058.gif

一日中、仏様と向き合うお遍路の日々は普段の日常生活からはかけ離れた世界です

老若男女、色んな人達が様々な想いでお遍路されていると思います

行き交うお遍路さん達を愛おしく思いました
c0348065_00470743.jpg











by bisyamon0114 | 2016-12-09 00:48 | Comments(0)