毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

親友の死から私は友人と深く付き合うことができなくなりました。

そして、永い年月を要しましたが、たくさん周りの方の支えにより苦しみが消えていきました。

死という形で、大切な人を亡くした自分の運命を長年考えていましたが、自分の経験を活かすことにより兄や父、親友の死を受け入れることができるような気がしました。

50歳の誕生日に始めた祝詞とともに、神様に「本当に私が進むべき道に導いてください」と祈りました。

そして、私は大切な人を亡くして生きる気力をなくした人達を励ましてあげたいと思ったのです。

私は近くでグリーフケアの組織を探しましたが、勉強するところもボランティア活動をする場所もなく困ってしまいました。

そんな時友人が、自殺防止の電話相談ボランティア研修生募集の掲載されたフリーペーパーを持ってきました。

締切が近いこともあり、私は考える間もなく応募しそれから2年間のカウンセラーの研修に入りました。

小さな事務所を経営する私は研修の時間を作るため、チーフに数件のお客さんあげて独立してもらい
私自身の給料としては10万円ほどの減収になりましたが迷わず進みました。

そして、50歳の春から研修生として新たなスタートを切り、そこで素晴らしい仲間との出会いがあったのです。

研修生の応募のための私のレポートに「これから100人の友達をつくりたい」という1節があるのですが直ぐにその願いは叶いました。

同期の研修生の仲間は私が探し求めていた、同じ星の人達でした016.gif

2年後私は無事に研修を終え、自殺防止の電話相談のボランィアについたのです。

自殺防止の電話相談と言えば、熊本在住の作家、坂口恭平さんが自分の携帯電話で電話相談をされています。
誰もそんな大変なことをできる人はいませんので、すごい人だな~と感動058.gif

数日前、坂口恭平さんと電話でお話しご本人から名前を出して構わないと了解を得ましたので
実名に訂正した、私のブログがあります。

毘沙門天さまとの出会い(3)で前世のお話しに出てくる若い宮大工は現在の坂口恭平さんです。

光照と恭平さんは今生では毘沙門天でつながりました!
恭平さんとお会いした時も、同じ星にいた人だと感じました、最初にお会いした時

「お久しぶりですね、千年以上前でしたかね・・・」と言う会話に彼も驚かれた様子はありませんでした。


本日のみ、懐水集の有花さんの弟子となり我が家のテーブルと机に和紙を張りました

デザインは自由にさせていただけますが、ピリッしたアドバイスがあるので感激の出来上がりになりました!

有花さんありがとうございました053.gif

c0348065_10112804.jpg


完成

c0348065_10023024.jpg

ふすまは以前に張っていただきました
和紙と毘沙門天の書が絶妙
c0348065_10214627.jpg



c0348065_10033681.jpg


c0348065_10034750.jpg


c0348065_10032399.jpg


懐水集の情報は下記のブログでどうぞ

http://ameblo.jp/kaisuishu



by bisyamon0114 | 2015-06-27 10:24 | Comments(4)
高校卒業後、18歳で私は横浜の会社へ就職しました。

小さい頃から体が弱く、体育の授業は見学することが多く図書室で本を読んでいました。

読書と絵を描くことが大好きな私は、美術系の実業高校に進学しテキスタイルデザインの会社へ
就職しました。

活動的でなかった私は友達付き合いはあまり上手ではありませんでした
そんな私にも、唯一の親友がいて彼女と過ごす事が一番の楽しい時間でした。


私達は毎日交換日記をつけ、時間があればいつも一緒に過ごしました
前世は双子だったのかもと本気で話したりしていました。


そんな私達にも別れの時が来ました007.gif


私は夢を抱いて横浜へ、彼女は家業を手伝うため地元へ残らざるをおえず・・・


寂しがる彼女をおいて、心は繋がっているから時々行き来しようねと私が説得した感じでした。


私の出発の日、見送りに来た彼女の泣き顔を今でも覚えています。


卒業後3月の末に出発し、4月の20日を過ぎた頃だったとおもいます。
彼女のお母さんから突然電話があり驚きました!


彼女が事故にあい入院したとの知らせでした
すぐにお見舞いに帰るという私に、お母さんは大丈夫だから来なくていいよと気を使われました。


重篤ではないと聞きほっとしたのも束の間、2、3日後だったでしょうか・・・
今度は友人から電話をもらい、そのまま気を失ってしましました。


彼女の様態が急変し亡くなったという知らせでした。


1か月前までいた親友がこの世からいなくなってしまった、その事実を受け入れる事は難しく、恐ろしいものでした。


危篤になった彼女は、私が誕生日にプレゼントした手編みのショールを掛けてくれとお母さんに頼み
私の名前を呼びながら死んでいったそうです。


直ぐに帰らなかったこと、彼女の近くにいなかったこと、たくさんの数限りない事を後悔し
それから懺悔と後悔の人生が始まりました。


18歳でたった一人の親友の骨を拾い、その後重い十字架を背負って生きることになりました。
以後30年間私は悲嘆の人生を送ることになりました。


3歳で兄と父を亡くし、18歳で親友を亡くした私は、愛する人達との永遠の別れとなる死と立ち向か
うという恐ろしく難解なテーマを与えられてしまいました。


21日の写経会、お一人でしたのでゆっくりと過ごせました。

古賀さんから教えて頂いた、小顔ポーズ、虫歯ポ-ズでしたっけ(^_-)-☆

c0348065_00210579.jpg


こんな素敵な封筒でお布施いただきました


c0348065_00232740.jpg

光照の心使いとしての野菜だけのランチ、全部手作り、パンとお菓子は娘担当

c0348065_00410675.jpg
c0348065_12130447.jpg







by bisyamon0114 | 2015-06-26 00:55 | Comments(0)
55歳の誕生日に始めた大祓いの祝詞の練習は、毎日続きました。

本当に、よく飽きもせず058.gif

時々、ろうそくの光が花びらのように広がったりお花の香りがしてきたりしました。

そして数か月後、私はこれからの人生でやりたい事が見つかりました。

グリーフケア(悲嘆のケア)

を残りの人生でしたいと、はっきりと思ったのです!

私は3歳のとき、8人いた兄弟、姉妹のうち兄一人を亡くし、同じ年に父を亡くしました

幼子の私は、直接的には亡くなった時の状況は理解できませんでしたが、母が時々その時の悲しさや
苦しみを話していたのを子供心に覚えています。

病院のベッドに横たわる死んだ父の横に寝たいという、当時1歳半の妹の姿に皆が泣いたそうです。
私と妹は歳が近く、子煩悩の父はいつも私と妹を二人抱きかかえていたそうです。


父は「残念だったよ・・・」と言って亡くなったと姉から聞きました。

毘沙門さまとの出会い(4)父との出会いで初めてヒーリングを受けた時、死んだ父と再会し

父が私に「ざんねんだったよ・・・」と言ったことを16歳上の姉に話しました。
姉はしばらく沈黙した後

「すごいよ!最後にお父さんは、残念だったよ・・・と言って死んだんだよ」と驚きました。

母と子供7人を残して旅立つ父の無念さはどれほどのものだったでしょう。


そして、私の人生最大の苦しみは18歳の時に起こりました057.gif



懐水集さんが、和紙でリフォームされた湯島のハートの木のあるお家に行ってきました。

懐水集のちゆみさんと私の師僧と3人で記念撮影

c0348065_18424451.jpg
ワタリガニ、ウニ、ミズイカ、アジ、タコ、ガラカブ

ちゆみさんの美味しい野菜料理、もう~美味しすぎ003.gif


ハートの木のお家、会員1番は私の師僧、2番は光照、皆さまもハートの木の家でお食事楽しまれてくださ~い



c0348065_19071148.jpg

有花さんのお茶を入れる姿も絵になりますね

c0348065_19061308.jpg


これも、またまた風流かな

c0348065_19144632.jpg

和紙のお部屋素敵です

c0348065_19055603.jpg
懐水集の情報は下記のブログでどうぞ

http://ameblo.jp/kaisuishu/










by bisyamon0114 | 2015-06-20 19:26 | Comments(0)
前世、私がやり残したことはなんだろう?

何となく、現在の自分の中にその答えはあるのだろうと感じていました。

私は若い頃から50歳になったら好きな事をしようという思いがありました。

18歳から仕事をして、21歳で長女、23歳で次女を出産し27歳から再度仕事を始め
現在まで主婦と仕事に追われてきました。

長女5歳、次女3歳で保育園に預け、それから1回も仕事を辞めることなく働いてきました003.gif

8人兄弟、姉妹の私は、3歳で父に死に別れ・・・経済的にはとても苦労しました。

小さい頃から自分で働いて、お金を稼ぐのが夢でした~
自分で働く=貧乏とはさようなら049.gif


旦那さんがいても、父のようにいつ死ぬか分からない、あてになるのは自分だけ!

8人兄弟、姉妹の7番目という、親にとってどうでもいい順番に生まれた私はサバイバルの
幼少期をすごしたのでした017.gif

会社勤めが苦手な私は、30年前から自営業・・・休めるわけない!


そんな人生だったので、結構目まぐるしく50歳を節目にはじけてみようか、なんて思っていました。

ところが現実は仕事引退なんて状況はまったく無し!

ついに50歳の誕生日がきた時、次女が私達の産すな神様の神社さんから
ひらがなで書かれた大祓いの祝詞をもらってきたのでした。

50歳での計画が実行できない私は、何もしないのもと思いその日から大祓いの祝詞の練習を始めたのです。

ん~違う意味ではじけたような・・・


13日お友達の出演するゴスペルのコンサートに行ってきました

彼女はキリスト教の今の宗派に出会われ、とても幸せそうでした053.gif

皆さんの歌声に心癒されました。

友人3人でコンサートに行ったのですが、そのうち二人は坊さん037.gif

クリスマスコンサートのお誘いも受けて、行きたいなと思っています。



c0348065_17381444.jpg

c0348065_17385019.jpg









by bisyamon0114 | 2015-06-15 17:43 | Comments(0)
信貴山、朝護尊寺の毘沙門さまに道を授けるからと呼ばれ、聞こえたのは

「やり残したことを、やりとげなさい!」

という言葉でした、聞こえたというよりも胸に落ちてきたという感じです。

毘沙門さまの御前で、泣き崩れる姿に驚かれる人の目を避けるように、私は急いで本堂を出ました。

ところが、本堂を出て、階段を降りようとした私は急に激しい頭痛に襲われ動けなくなってしまいました
でも直ぐに、それが何故なのか理解できました。

「もうしばらく、本堂にとどまりなさい」 という事でした。

結局、私は次のご祈祷の人の大般若経を聞くまでは本堂を立ち去ることはできませんでした。


毘沙門さまからお言葉をいただいたものの、すぐにはその言葉の意味は解りませんでした046.gif

私がやり残したこと、それは前世の私がやり残したこと・・・私はそれをやりとげなくてはいけない!

私はその日から、そのお言葉の意味することを知るために、再びまか不思議な日々をおくることになりました。


5月に行った国東の旅の続きです。

豊後高田の富貴寺、とても美しいお堂に感激!

光照のお寺探しは続いていますが、こんな庵を持てたらいいな~
c0348065_00303196.jpg













by bisyamon0114 | 2015-06-13 00:55 | Comments(0)
合気道の先生から、来年2月は12年に1度の毘沙門さまの大祭と聞いたのですが
すぐに私の所に来なさい、とのお言葉を光照は無視できませんでした。


そして、2009年7月24日、光照は初めて信貴山へ行くことになりました。


それまでは旅行で京都のお寺見物に行っていましたが、奈良は中学の修学旅行以来です012.gif

ん~信貴山は遠かったです!

山の頂上の巨大な敷地、施設がどうなっているか全くわからず、お寺は3軒(千手院、成福院、玉蔵院)
あるのですがその時は何も知らず、信貴山というお寺が1軒だけだと思っていました037.gif

何も分からないまま、私はご祈祷を受けるため申し込みする場所へ足を運びました。
後で知ったのですが、そこのお寺が千手院さんでした。

本堂、朝護尊寺の毘沙門さまに3軒のお寺さんが仕えておられます。

千手院さんのご本尊は名前のとおり千手観音さまだと知ったのは、ずいぶん後でした。

1番初めに毘沙門さまにお会いした、雷山のお寺のご本尊さまが千手観音さまだったのは偶然ではないのでしょう。


いよいよ大般若祈祷を受けるために本堂へ・・・

私の心中はおだやかではありませんでした008.gif

「道を授けるから、すぐに私の所に来なさい!」
との言葉を信じて、ここまで来たけれど本当にお言葉があるのか・・・とても不安でした。

朝護尊寺での大般若祈祷にはビックリ仰天!

その厳粛さ、威勢の良さ、こんなに凄いご祈祷があるのかと驚いてしまいました。

後に私が僧侶になり、熊本の毘沙門講祭りで大般若祈祷を師僧と行うことになりますが
その時は夢にも思えぬ事でした。

人生とは小説より奇なりとしみじみです037.gif

大般若祈祷が終わり、その後内陣にて毘沙門天王や脇仏の善膩師童子、吉祥天、眷属の二十八使者
などの御前で参拝できるようなご配慮があり、信貴山の毘沙門さまの前に進みました。

毘沙門さまと向き合い、手を合わせたとたん雷山の時と同じく、またしても私は泣き崩れてしまったのです!

毘沙門さまからの言葉が確かに胸に落ちてきて、私は感動のために泣き崩れてしまいました007.gif


先日、奄美の花凜ちゃんからもらった写メ、とても素敵な写真なんで皆さんにもおすそ分けです!

花凜ちゃん、いつもありがとうね016.gif

写真撮影のセンスいいよね!



私がプレゼントした毘沙門さまの絵はがき

c0348065_16295728.jpg
和紙で作った毘沙門ネックレス、四角いのは花凜ちゃんの手作り

c0348065_16301643.jpg


奄美の海、船も素敵!花凜ちゃんに会いに奄美にいきたくなりました~

c0348065_16302871.jpg




by bisyamon0114 | 2015-06-10 16:39 | Comments(0)
25日に仲良しのお友達と、光照の師僧を囲んで楽しい1日を過ごしました058.gif

師僧の提案で、私がいつも修行をさせて頂く場所、聖明庵でお楽しみ会です!


まずは今年の冬用のマキ割、心は優しく力は強い省ちゃんが師僧と頑張ってくれました。

私と娘はバーベキューの準備、飲み物は瀧の水で冷やします。

シンセサイザーとともに今井てつさんが到着!

次に懐水集の有花さんが到着!

まずは皆でスイカを食べて、一息ついたらてつさんが瀧行したいとのこと
ついでに、有花さんににも声をかけたら、やります017.gif 潔い!


人生初のお二人の瀧行の指導をすることになりました。

光照の娘、千春さんも2回目の瀧行をすることになり、滝場にはワンコのミランまで見学にきて
大賑わいになりました。

1番手はてつさん、九字を切ったり、お経や真言は光照がお手伝いしました
c0348065_23301071.jpg


てつさんカッコイイ
c0348065_23304921.jpg
有花さんも真剣にお不動様の剣の練習、水行着がお似合いです

c0348065_23311057.jpg

最後に光照、お3人さまの瀧修行の指導でヘトヘト、師僧の苦労がわかりました042.gif

c0348065_23412001.jpg
いよいよ、てつさんのコンサートの始まりです。
聖明庵の神仏への奉納コンサート、神様たちも大喜びされましたよ!

幻想的な雰囲気の中、瀧の音とシセサイザーの音が溶け合い、山に静かに響きわたりました。

瀧で身心を清め、てつさんの音楽で癒され夢のような時を過ごすことができました。


生きてて良かった~、周りのすべての人、すべてのものに感謝です。

c0348065_23313808.jpg
c0348065_23320377.jpg






by bisyamon0114 | 2015-06-01 00:02 | Comments(0)