毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

16日にヒーリング後、麻喜さんからメールを頂き、やっと返信したのが今日でした。
麻喜さんが感じられた、神仏の眷属のことで感じることがあり、今日は私が返信したメールをUPしました056.gif



それと、4月から始める胎蔵界の修行を伝授していただくために行った、修行場の様子です。



以下、私の返信メール

麻喜 さま

先日はメール頂きありがとうございました。

返信が遅くなりすみません。



麻喜さんが感じられたことは、ヒーリング後、私が感じたものと合致しました。

ヒーリングが始まったのは、光を観じたのでわかりました072.gif



アメジスト色の穏やかな光を観ました。

でも、その後は手足のピリピリ感もなく、チャクラに入る渦巻も感じなく

確かに以前とは違っていました。



だいぶ時間が経過してから、背中が熱くなり目が覚めました。

けっこう、あちちっ!

で不思議に思ってました。

起きて水をコップ2杯くらい飲んだあとは、爆睡しました。



私は毎朝、毘沙門さまへ勤行、神棚に祝詞をあげますが

祈りの内容は変わりません。




私の人生の目的が達成できますように。



達成することにより、私が幸せになりますように。



私の身近な人達が幸せになりますように。


生きとし、生けるものが幸せになりますように。



今生、未来永劫に神仏にお仕えさせていただきます。

と祈ります。



麻喜さんが言われたように、自ら神仏に約束をしています。



どなたか神仏の眷属がついておられるのであれば、龍神さまではないでしょうか?

私主催の毘沙門祭りには、必ず龍神様が現れます。

護摩焚きの煙だったり、今年は雲で龍が現れ虹も出されました。



師僧の庵で修行を始める時は、まず初めに村の氏神様である八代龍王様に、

「修行を始めますので、よろしくお願いいたします。」とご挨拶に行きます。



3年前、最初の修行の時、午前3時に瀧に水汲みに行き岩場で腰を痛めました。

1日7時間ほど座って修行をしますが、3日目の昼の修行の時、腰に限界がきて困っていたら

前の壇に白龍が出てきてクルクルと回りました005.gif



その後、私の腰の痛みは引いて7日間の修行を終えることができました。



私の前世の記憶の中で、1番古い記憶は巫女です。



高床式の建物の頃、私は部族の首長の娘で巫女をしていました。

八百万の神様に天候、豊作祈願等をしていました。



その時は、キラキラと金色にかがやく龍が私の仕事を手伝ってくれてました。


私の俗名もりゅうこですしね。

師僧に「あの時の龍が帰ってきてくれたら、いいですね。」

と昨日のことのように話したりします。



4月より胎蔵界の修行をはじめます。

c0348065_15264244.jpg

来月からの修行のため、山の修行場へ行きました。
ここからは舗装なし、車の離合もできません。
道から落ちないよう慎重に運転します。


c0348065_15275266.jpg
到着です。
修行場は谷なので、気温が低く桜はまだ咲いていませんでした。

c0348065_15293391.jpg
まず瀧場のお不動さま、水神様にご挨拶に行きました。

c0348065_15290838.jpg

c0348065_15300983.jpg
寒いので、まだ槇ストーブ炊きました。







山での修行は1年ぶりです。

午前3時前に起きて水汲みやら瀧行から始まり、午後10時の就寝までびっしりです。

お会いできるのを楽しみにしています。

柳子




by bisyamon0114 | 2015-03-31 20:38 | Comments(0)

3月の写経会






2015年が始まって、早3か月が過ぎ去ろうとしていますね045.gif



今年の写経も3巻目となります。



初めていらした古賀さんと、昨年から何度も写経にこられるる田中さんをパチリ!






c0348065_17413066.jpg


いま、我が家はミモザの花盛り。



ミモザが大好きと言われた古賀さんへ、毘沙門さまからのプレゼントですね。



1年に1度待ちにまった開花です。
可愛らしい黄色いふさふさの花が、玄関でお出迎えしてくれます。



例年は2月に咲きますが今年は寒かったので咲くのが遅くなりくなりました。



んんっ、ミモザが大好きな古賀さんが初めて写経に来られるのを知り、待っていたのかも006.gif



田中さん、今日は6歳の娘さんと一緒だったため写経は自宅でしますと、写経の用紙を持って帰られました。



継続は力なり066.gif



お釈迦さまは、日常の生活の中で何か1つのことを長年続けることができれば、その中で悟ことができることもある。

と言われています。



私は今の願文、光柳寺建立が叶っても死ぬまで写経を続けようと思っています。



もちろん、次の目標達成のために、たくさんの人達と書き続けたいと思います。





c0348065_23310369.jpg

今年の1月からお見えになっている懐水集の有花さん。

私と同じ個人事業主の有花さん、これからの事業の在り方を厚く語っています029.gif

宇宙の意図と自分の魂、そして地球の大地すべてが結びつくと自分らしい生き方ができるようになります。

大地にしっかり足をつけ、宇宙のエネルギーの法則に乗っ取って生きてゆけば面白いように道が開けますよ。




c0348065_17223513.jpg



c0348065_17231533.jpg
c0348065_17233285.jpg
今年、写経3巻目の有花さん

写経会に来て、思うところがあられたようです049.gif

懐水集 有花さんブログ→http://ameblo.jp/kaisuishu/


c0348065_17235321.jpg
東日本大震災の時の募金集めにした時の写経用紙を使用中。


c0348065_17240883.jpg

光照の願文は1回目から変わりません!

55歳で出家して、60歳までにお寺を建立するのが目標です。






c0348065_00073753.jpg
                                          
皆さんから色んなおやつを頂き、毘沙門さまはお腹いっぱいです。

ありがとうございます。

本日の献立 (22日)


■ ひよこ豆とレンコンのハンバーグ
■ 豆腐とワカメの味噌汁
■ 春野菜のサラダ
■ 蓮根、ごぼう、カリフラワーのなます
■ 五穀米





c0348065_00131027.jpg
法話のお供には
■ イチゴのサンドイッチ  でした。

c0348065_17431418.jpg



本日の献立 (23日)
■ ひよこ豆とレンコンのハンバーグ
■ 白菜のポタージュ
■ 春野菜のサラダ
■ ごぼうのクミン風味揚げ
■ 五穀米

c0348065_17242008.jpg
c0348065_17423409.jpg

c0348065_17243262.jpg
c0348065_17244385.jpg
法話のお供には
■ 抹茶ババロアとれもん・ゆず・イチゴのタルトでした
c0348065_17245684.jpg




by bisyamon0114 | 2015-03-29 01:16 | Comments(0)

3月という季節

3月は卒業、そして入学へ向けて、入試の合格発表などが相次ぐ時期ですね。


生物が厳しい冬を越して、春に生き生きとしだすように、私たち人間も暖かくなる春に色々なスタートを切ることは自然の摂理にもかなっていることのように感じます。


生命力、やる気、期待、わくわくした気持ち・・・このような言葉たちがぴったりの季節になってきたと思います058.gif



先日、高校入試の合格祈願のお礼にとても美味しいイチゴとトマトをいただきました018.gif
c0348065_16590877.jpg
c0348065_16592507.jpg
c0348065_16594119.jpg

高校入試の合格、おめでとうございます。
自己を知り、志望校を考え、受験勉強に取り組み、目標突破を目指す

一つ一つがこれからの人生に必要不可欠な力となりますよ。

祈願の意味


毎年、入試の時期になると志望校の合格祈願の依頼があります。

祈願をしたら魔法のように、何もしないで合格!

なんてことではありませんよ~029.gif

受験される人の、勉強の時間が十分とれ、邪魔や邪念が入りませんように。

試験の日、体調を崩されませんように、努力された分の成果が十分に発揮できますように。

と、こんな事を祈願致します。

まずは、自分も努力し頑張った上でしか、神仏のご加護は受けられないのです。

昨年も今年も、受験生の皆様が全員合格されて私も嬉しいかぎりです。


合格のお礼に来てくださったお母さんと娘さん、とても良い表情をされていてすがすがしかったです。

こうして何かのきっかけで神仏に近づき、ご縁をもたれるきっかけが必ずおこるようになっています。

人と人との出会い、神仏との出会い、すべては縁で結ばれていて、その時自分がその出会いをどう考えるかで人生は大きく変わりますね。

私も夢いっぱいで入学した高校生の時を思い出しました。

絵を描くことが大好きで、将来は美術系、芸術系のお仕事を夢見て選んだ学校でした。

今現在は、毘沙門天様にお仕えする尼さんです012.gif
毎日、神仏に未来永劫にお仕えさせてください。

とお願いしています。

人は生きているうちに、何度も生まれかわるのだな~としみじみ思う光照でした。





by bisyamon0114 | 2015-03-27 16:57 | Comments(0)

写経会やってます

早くも3月が終わり、4月になろうとしていますね056.gif


桜も咲き始めましたが、朝晩は冷え込む日が続いていますね

でも、ちょっと外に出れば、つくしはにょきにょき、よもぎがきらきらし始めて、やっぱりうきうきした気分になりますよ~016.gif

写経会の模様をご紹介いたします060.gif

2月にいらした懐水集の有花さん(アップする前に3月の写経会にもいらっしゃいました💦)
c0348065_16320265.jpg
c0348065_16321832.jpg
お経を読んで、お祓いをします




c0348065_16324271.jpg

願文が前の写経の時と違うものになることもありますよね


写経会を通じて自分と向き合う時間をとられたからこそですね

光照自身が修行中の身なので、写経会も試行錯誤でやっています。
出会う皆さまとの出来事は、本当に勉強になります。

一人一人、皆様が自分の人生の目的に気が付かれますように、自分自身の気持ちに気が付かれますように
との思いでお話をし、毘沙門さまに祈願します。

全ての人は、ピカピカの魂を持って生まれてくるのだけれど、育つ環境や間違った知識のために魂が曇ってしまうそうです。

でも、もともとの姿はピカピカなのだから磨けば元に戻る。

入れ替えるのは不可能だけれど、自分の物を自分で磨くのならいつでも何処ででもできますね。

写経に来られる人達はまずその1歩を歩まれここに来ておられます。

何十分もかけて書いた写経の最後に、自分自身が幸せになるための願文を真剣に考えられ、また1歩進まれます。

1歩、1歩進まれています。

共に歩める私は幸せ者です016.gif






本日の献立
■ フキノトウの赤だし
■ シイタケのフライと大根のフライ
■ ゆず胡椒風味の生野菜サラダ
■ ミント風味の洋風白和え
■ ローズマリーとシイタケの春巻き
■ 五穀米
■ ドクダミ茶

c0348065_16343485.jpg

c0348065_16345602.jpg

c0348065_16351643.jpg
法話のお供に   
c0348065_16363557.jpg
シュワシュワゼリーと黒糖きなこのクッキーでした

by bisyamon0114 | 2015-03-26 16:55 | Comments(0)

久々のヒーリング (1)

ブログに時々コメントを頂くのは、とても嬉しいものです。

先日はヒーラーの青柳麻喜さんからのコメントが入っておりました!

1年程前、阿蘇で行われた奈良ゆうじさんのコンサートでお会いして以来、連絡がとだえていました。

パソコンが壊れ、入れ替えした際メールアドレスが消えてしまい困っていました008.gif

奈良さんも麻喜さんも携帯電話をお持ちでなく、日本、又は海外を旅をしてコンサート活動しておられます。

なかなかお会いできるチャンスもなく困っていましたら、思わぬ、麻喜さんのコメントを見つけ大喜びでした。

インターネッットの力を改めて確認しました049.gif

麻喜さんはネットで今井てつさんの写真を探していて、私のブログを見つけたそうです。

4月20日、神戸のサラ・シャンティで、奈良さんとてつさんのコラボのコンサートがあります。
(詳しくは奈良ゆうじさんのフェイスブックでご確認くださいね。)


58歳になった光照は周りの皆さまから、「健康診断うけてますか・・・」
と気遣いの言葉をうけるようのなりました。

ん~10年以上、20年くらいは受けてないような・・・?

そんなこんなで、久々に麻喜さんのヒーリングで健康診断を受けようと思い3月16日の21時にお願いしました。
最後にヒーリングを受けてから、3年位になると思います。

ヒーリングに興味をお持ちの方のために今回はヒーリングの事を書くことにしました。

今回も遠隔ヒーリングです。

私は自宅、麻喜さんはどこにおられるかはお聞きしていません。

ヒーリングはセッションを受けてするか、ヒーリングだけするかです。

初めて受けられる方はセッションを受けたほうがよいです。

ヒーリングは1時間です。(1時間5千円)

セッションも受けると2時間か、それ以上になると思います。
セッションとヒーリングで1万円です。

ヒーリングを受ける時は、横に休みます。
そのまま眠れるように準備しておきます。

私はヒーリングを受けたあと、1時間半くらいすると必ずのどがカラカラになり水を飲みに起きます。

ヒーリングによる浄化作用で水分がほしくなりコップ2杯くらいがぶ飲みします。

その後は、熟睡、本当に気持ちよく眠れすがすがしい朝を迎えることができます。

翌日はまず目の見え方が違います。
外の景色がキラキラ072.gif、目にかかっていたフィルターがはずれたようにきれいにみえます。

ヒーリングを受けた翌日は外での強い刺激は受けないが良いので、できればソフトな環境で過ごします。

体質により感じ方が違うと思いますが、私は体の大掃除ができたように軽くなりますよ。

ヒーリングが始まると、まず手のひら、足の裏がピリピリとしてきます。

もちろん目は閉じていますが、光が見えてきます。
今回は紫、アメジストの色を強く感じました。

チャクラに白い渦巻状のエネルギーが入っていくのが見えます。

そしていつの間にか深い眠りに落ちていきます。

いつもこんな感じでしたが、今回は感じ方が全然違いました。

アメジスト色の光が見えたのでヒーリングが始まったのはわかりましたが・・・
手足のピリピリ感もなく、白い渦巻のエネルギーも見えませんでした。

得度式後、ヒーリングを受けたらエネルギーがはいるようになるまで時間がかかるようにはなっていました。

どなたかが、私に入るエネルギーをチェックしているような感じでした。
麻喜さんもそんな感じになったといわれました。

それから3年位ですが、さらにどなたかのチェックが厳しくなったのか、体が何かに包まれたような感じです。
エネルギーをチェックされている・・

そのうち背中がどんどん熱くなりました~
こんなの初めて、暖かいどころか熱い、熱くて目が覚めました。

そのあと水を飲んで爆睡しましたが043.gif

翌日麻喜さんからメールが届いてまして、それを読んで背中があつくなった理由、感じ方が違ってきた理由がわかりました。

もし、ヒーリングを受けてみたいとお思いの方は光照のブログにコメント入れられましたら、青柳麻喜さんをご紹介できます。


以下麻喜さんからのメールです。


柳子さま

おはようございます。

昨日のヒーリング、久しぶりでしたね。

柳子さん、ずいぶん変わられたなーと感じました。

肉体的な疲労や、他のもののエネルギーの影響は、ありましたが、

強くなられたというか、以前よりしっかりした印象を受けました。

気になったのは上半身、みぞおちから首にかけて、重いものが絡まっていました。

それは浄化させていただいて、エネルギーのチャージ、グラウンディングをしました。

それと、背中のヒーリングをしていましたら、

柳子さんのコアの部分が見つからないと言うか、なかなか触れないのです。

背中から、首に何かとても重いものがくっついていて、柳子さんが見つかりません。

何か悪いものか、どうなのか感じてみますと、

神様か、仏様のお使いのようでした。

人ではなく、聖なるお役割を持ったご眷属か、何かそのような。。。

その方が柳子さんとひとつになろうとしているのですが、柳子さんにはまだその器が完成されていないようです。

または、柳子さんがそれを重く感じられているかもしれません。

その方が、柳子さんに御仏に仕えるお役割を与えられ、そのお仕事を支えておられるようです。

おそらく、意識的か無意識的か、柳子さんはその方に仕えるというお約束をしたのかもしれませんね。

それはエゴを捨てさり、利他の道を進む。。。

お寺を見つけるのも、きっと完璧なタイミングで完璧な場所で見つかることと思います。

柳子さんの大きなお役割、

ご自分に対してはとても厳しい道かもしれませんが、多くの方に救いをもたらす道なのだと思います。

ありがとうございます。


麻喜

On 2015/03/17, at 10:15, Ryuko MATSUMURAwrote:

















by bisyamon0114 | 2015-03-25 09:25 | Comments(0)
私の友人、今井てつさんのコンサートのお知らせです。

私はてつさんの音楽の大ファンであり、そして人柄が大好きです016.gif

私の得度式から始まり、九州毘沙門講祭りでは毎年演奏を依頼しています。

楽譜がなく、その日、その場の雰囲気で流れるように生み出される音楽には驚かされます。

その清らかさに魂が洗われ、そして大切な人やモノを思い出す不思議な力があります。

私は毘沙門さまとの出会い後に自分の前世の詳細を思い出したのですが
必ずや、てつさんのピアノコンサートのCDを聞いた後でした。

てつさんの音楽には不思議なエネルギーが潜んでいるようです。
それはてつさんの才能であり、また人柄が自然の生きとしいけるものと調和するからだと思います。

4月には福岡県秋月の今井てつ邸、また高野さんのカフェ梵恩舎でもコンサートがあります。

みなさま、是非てつさんのコンサートにお出かけくださいね。

てつさんの音楽で大切な人を思い出したり、本当の自分に出会い繋がる体験をされるかもです043.gif

c0348065_02160087.jpg

以下コンサートの日程です

秋月での満月コンサート・、今年最初の会を来月開くことにしましたのでお知らせします。

ご縁のあった方達と皆既月食の夜を楽しみたいと思います。

(ちょうどこの頃に桜・も咲きそうです)

お忙しい頃でしょうが、よかったらおいで下さい。

~ひとつらなりの音しずく・~

今井てつ玽満月コンサート・in 秋月

・四月四日(土)…皆既月食の満月

・午後6時半開場

   7時 開演

・会場「今井邸」

(朝倉市秋月294-1

・会費…二千円

(予約・問合せ)

0946-25-1275 今井まで

高野山でのお知らせです。


~そら・うみ めぐる音・~

今井てつ シンセサイザー 即興の調べ in 高野山

4月21日(火)

午後 3時~

カフェ 梵恩舎 にて

(高野町高野山730) (0736-56-5535

会費 1500 えん





by bisyamon0114 | 2015-03-20 02:22 | Comments(0)



しろ蛇さまの出現にあわてた私は、一週間後雷山のお寺へと向かいました008.gif

お寺へ向かう途中の車中で、巫女のMさんに、自宅の庭にしろ蛇さまが出現した話をしたところ

しろ蛇様は神様のお使いだと言われました。

行くのを躊躇していた私の心を見透かし、お使いのしろ蛇様までよこして…

いったい何なんだろという思いをいだきながらお寺に到着しました。


山深い場所に建つ、そのお寺は時代錯誤してしまうような趣のある雰囲気でした。

ご本尊様は、4.8メートルもある千手観音様でした。

静かな佇まいのお寺でした

c0348065_17003538.jpg



Aさんのお祓いのために千手観音様の前に並んで座って、ふと前を見渡すと

千手観音様の両脇にも仏像があるのに気がつきました。

すると、私は向かって左側の脇仏の仏像から目が離せなくなりました。

今まで仏像になど興味のなかった私は、その仏像が何なのかはさっぱりわかりませんでした。

でも、とにかカッコいい~

見たとたんに一目惚れです

目が離せないほどに心奪われてしまいました。

何度もここに来ておられる、Mさんにその仏像の名前を尋ねましたが知らないと言われました。

私は独り言のように、左の脇仏を見ながら目はハート053.gif
「千手観音さまも凄いんですが、隣のあの仏像カッコいい~」

無事にお祓いが終わり、道順に進むとカッコいい脇仏の前にでました。

脇仏さまもかなりの大きさで、下からお顔を見上げた私は・・・突然に

「毘沙門様~」と言いながら、脇仏さまの前にひれ伏し号泣していました。

泣きながら、畳に張り付く私を見て、一緒に行ったMさんAさんは驚き困られました。

お坊さんや他の参拝者の目もありますし、私は両脇を抱えられ裏の方に連れていかれました。

Mさんが、「柳子さんどうされたんですか?」と聞かれると

私は「あれは毘沙門天さまです・・・」と答えました。

そうこうしているときに、Aさんに突然誰かが乗り移り、

「この方は豊臣方のお方に間違いないです・・・」

和服姿の柳子さんの前にたくさんのお侍さんがいます。

そして、一番後ろから修験僧が見ている。

と、このような内容の事を言われました。

c0348065_01175517.jpg




また、私はお寺の羅漢さまの下に折れた刀や、たくさんの死んだお侍さんの姿を感じました。

そして、お寺では数か月前に亡くなられたAさんのおじいちゃんが私に会いにこられていました。

Aさんの問題を解決するために、お力を貸して頂くMさんを紹介するように働かれたのはAさんのおじいちゃんでした。

Aさんをとても愛しておられる方の気持ちを感じ、Mさんにお話したのはAさんのおじいちゃんの愛情だったのです。

私は、死んだ後も子孫や生前の家族を思うご先祖さまの優しい気持ちに気づかされました。

ドラマよりも凄い一日で、私は色々と起こる不思議な出来事に混乱してしまいました。

そんな出来事があった1週間後、Mさんからメールがありました。

「柳子さん、今日私はまた雷山のお寺に来ていますが、柳子さんが号泣された仏像の前には立札があり

 それには多聞天と書いてありました。

 柳子さんは毘沙門天と言われましたが、あれは多聞天です。」

私は、もうびっくりしました!

そんなはずはない、あの仏像は毘沙門天様だ!

直ぐにインターネットで多聞天を検索したら、四天王でまつられているときは北方を守護する多聞天、

四天王で、唯一独尊でまつられている多聞天は、独尊の時は毘沙門天と呼ぶことがわかりました。

私は、ホッとしました。

やはり、あの仏像は毘沙門天様よね006.gif

すぐにMさんにはその旨をメールしましたが、そのあと皆が気が付いたことがありました。

仏像の前にはかなり大きな立札があり、多聞天と書いてあった・・・

なのに、私はお顔を見て 毘沙門さまと呼んで号泣した・・・

私は雷山の毘沙門さまとお会いしてから、寝ても覚めても毘沙門さまの事が頭から離れず

完全に恋をしてしまいました。





by bisyamon0114 | 2015-03-19 18:27 | Comments(0)
毘沙門さまとの出会い (5) を書くのにずいぶんと時間がかかってしまいました。

起こった出来事を正確に書くために、そのことに関係するメールや写真を探したりしました。

ブログを楽しみにしていますと、待ってくださってる皆さますみませんでした042.gif

まずはダイレクトに進んでいくために、詳細の補足が前後したりしますが必要な時に
補足の出来事は書いていこうと思います。

死に分かれた父と宇宙で再会し、父が私に「何かプレゼントをするよ」
と言った後、平成21年の出来事です。

私は40歳からの数年間、巫女のMさんに色々な問題を解決していただきました。
本当にMさんにはお世話になり感謝しています016.gif

私自身の問題が解決したころ、仕事先で若い女性のAさんに出会いました。

Aさんは、私の腕にかけていた天然石のブレスレットをみて、ブレスレットからお話がはじまりました。
Aさんは先日、白蛇神社というところでブレスレットを買ったと話されました。

そして、いつの間にかAさんの不思議なお話に進んでいきました。

その後、Aさんの事が頭から消えず、巫女のMさんをご紹介しました。

巫女のMさんには、それまでにも数人の(問題を抱えている)人を紹介して、力をお借りしていました
が、もうしばらくは紹介は受けられないと言われていました。

でも、Aさんの事をとても愛しておられる方の気持(エネルギー)が私にどんどん降りてきて
ある日、MさんにAさんの事をお話ししました。

そうしたら、とても優しいMさんはAさんと会ってくださることになりました。

その後は私はノータッチ028.gifで人の事には入らない主義で経過は知りませんでした。

ところがある日Aさんからメールが届きました。

「いま、福岡の雷山にあるお寺に来ています」

お二人は、Aさんの問題を解決するために、千手観音さまのお力をお借りしようと
雷山のお寺に行かれていました。

Aさんのメールはこんな内容でした。

「私とMさんのことでわかった事があります。
私とMさんの先祖は、共に織田信長に仕えていて、今のご縁はご先祖繋がりだと
言うことがわかりました。」

ふ~ん、私が介したけれどもそういうことだったのか!

私はふと30代によく行っていた八代龍王さまがご祭神の神社の宮司さんの言葉を思い出しました。

その神社は今では全国からお参りに来られる、大変有名な神社になりました。

今では、朝から順番札を取りに行かなければ宮司さんとはお話しできません。

宮司さんは2代目で、とてもユニークで楽しい方です。

私は小学生だった二人の娘と毎月お祓いをしてもらいに行きました。

そしてたくさんのご利益を頂きました。

宮司さんの結婚式にご招待を受け、当日私は生まれて初めて自分で買った着物を着ていきました。

私にとっては相当な金額の着物でした。

葡萄のような葉が描かれた美しい着物です。

その着物姿の私を見て、突然に宮司さんが言われました

「昔、豊臣方の四国のお城にいたね」

ん・・・なんのこっちゃ039.gif

その言葉を思い出しAさんに
「織田信長と言えば豊臣秀吉ですよね、私は以前、龍王神社で昔、豊臣方の四国のお城にいたね
と言われました・・・」

と何も意味もなく、何も考えずに返信しました。

Aさんからも直ぐに返信があり
「ここには豊臣秀吉の書状もあります。来週またここに来るので、柳子さんも来てください」

私は困りました・・・お寺には興味ないし、遠いし、人様の問題に首つっこまないがいいし・・・

悩んでいたら、翌日私は大変な経験をしたことにより、雷山のお寺に行く決心をしたのです。

翌日、我が家の猫ちゃんマイケルが耳を立て庭の1点を凝視している姿を見て、私も何かなとみたところ

なんと、何と、ナント、そこには白いほっそりした、お上品な白蛇さまがとぐろを巻いて我が家の様子を
伺っておられました・・・015.gif

私の赤い車の後ろに白いお姿が映えていまして・・・

私は驚き、とにかく証拠写真を撮ろうとカメラを取りに行き、戻ってきたら
いない・・・・・あっという間に消えてしまったのです。

生まれて初めて見た白蛇さまに恐れをなして、私は雷山のお寺行きを決めました。

そして、お寺ではさらに驚きの展開が!













by bisyamon0114 | 2015-03-13 18:42 | Comments(0)