毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2月の写経会 第2回目

二月第二回目の写経会を開催しました018.gif
c0348065_01261016.jpg

本日いらした岩松さんが我が家の様子を撮って、編集までしてくれていました016.gif

懐水集からいただいた今年の干支の年賀状、低速圧搾式のジューサー、娘の宝物です(その隣はまたまた宝物のぬか床)


c0348065_01260051.jpg

本日の献立
■ フキノトウの赤だし
■ シイタケと高野豆腐桜のちらし寿司
■ ゆず胡椒風味の生野菜サラダ
■ ミント風味の洋風白和え
■ モズクと長芋の酢の物
■ ドクダミ茶

法話のおともに

晩白柚のピールのローチョコレートコーティングとイチゴでした


by bisyamon0114 | 2015-02-28 12:31 | Comments(1)

2月の写経会

三寅参りから帰って、パワーアップ066.gifして・・・
c0348065_00465032.jpg

2月の写経会です060.gif


今回は総勢7名のにぎやかな写経会となりましたよ018.gif
c0348065_00462336.jpg


まずは、毘沙門さまにごあいさつの読経、お祓いからです
c0348065_00525359.jpg

はじめての写経の方もいらっしゃいました
c0348065_00485792.jpg

今回の献立は
■ フキノトウの味噌汁
■ 五穀米(名水地大分竹田の合鴨農法の無農薬米、炊く直前に七分づきに精米しています)
■ 原木栽培の大分産椎茸のフライとフキノトウの天麩羅
■ 白和え
■ 切干大根とにんじんの煮物

■ ドクダミ茶
c0348065_00475255.jpg

c0348065_00471543.jpg

c0348065_00472805.jpg

法話のお供は 娘の作った
■ 豆乳きな粉クッキーを梅の花へ
■ ローチョコレート
■ 抹茶のお団子

c0348065_00591375.jpg

春はもうすぐそこですね

本日の写経会は土曜日でした。

午前中お仕事をして、そのまま駆けつけてきていただいた方
また、貴重な休みをつぶして来ていただいた方、と様々です。

皆さんとお会いして、いろいろなお話をするのはとても楽しく、勉強になります039.gif

やっぱり人間は、仏様の子供なんだと再確認することができます!

皆さんの優しい、綺麗な心
いろいろと大変な事もあるけど、頑張って生きておられるエネルギー

そういうものが写経会の時には満ち溢れ、私はすがすがしい気持ちになります。

写経会を始めて2年目になり、私自身も写経の良さがわかり、写経することが楽しくなりました。

法話などとは言えない、私自身の思いの話を皆さんに聴いていただき
お礼を言われたりしたら、照れくさくなり・・・

皆さまが、心優しい菩薩さまに見えます。

皆さまは、私を育てにきてくださる、観音菩薩さまかも・・・

今日も楽しい写経会でした。
皆さま、ありがとうございました。







by bisyamon0114 | 2015-02-27 20:00 | Comments(0)
三寅参りの参拝の記念品です
c0348065_00404302.jpg




干支のひつじの印が入った水晶の念珠玉 毎年集めて、12個揃ったら念珠にできる~060.gif
c0348065_22290413.jpg




c0348065_22292171.jpg





by bisyamon0114 | 2015-02-27 06:37 | Comments(0)
午前5時からは、空鉢護法堂の参拝へ060.gif

c0348065_00200650.jpg

信貴山マップです

いっちばん上、頂上まで登りましたよ~

澄んで冷えた空気が気持ち良い、(ちょっと寒い💦)参拝道でしたよ072.gif

空鉢護法堂とは?
c0348065_00235126.jpg

一願成就するといわれていますよ
c0348065_00240777.jpg

c0348065_00244091.jpg

命蓮上人が竜王の教えを蒙り、信貴山縁起絵巻(飛倉の巻)の如く、空鉢を飛ばして倉を飛び返らせ、驚き嘆く長者に慈悲の心を諭して福徳を授けたという出来事に由来します。
山頂に竜王の祠を建てて以来、多くの参詣者から、「一願成就」の霊験あらたかな守護神として信仰されております。
山道は険しいものの、途中に信貴城址と行者の篭堂、星祭り本尊があり、また、空鉢護法堂(空鉢堂)からの眺めはたいへん素晴らしいものです。(信貴山真言宗 総本山 朝護孫子寺 公式サイトより)


登って、参拝して、下って一時間くらいでしたかね~


下りてからは、おなかぺこぺこでしたので、朝食のカレー(こんにゃく入りでしたよ006.gif)がと~っても美味しかったです053.gif



全国から、いろいろな思いを胸に年に一回の三寅参りに来られた方々はその後、それぞれ旅立たれていきます


今回の三寅参りで出会い、幸運にもお話しする機会が持てた方もいて、本当に良いお参りとなりました

来年の三寅参りも行くぞ!

その時にまた、今年会えた方々とお話しして、いい1年だったと報告しあえたらと思っております018.gif

徳島からいらした中村さん、朝食の時にまだまだお話ししたいと思ってました。

管長さんとお会いしていてすれ違い残念でした007.gif

またお会いしたいです。
熊本にもおいでくださいね。
c0348065_22274819.jpg

信貴山 千手院の皆さまがた、ありがとうございました053.gif

たっくさんの抱えきれない福をいただきましたので、熊本へ帰って、みんなに分けたいと思ってます058.gif


by bisyamon0114 | 2015-02-27 06:07 | Comments(0)
午前2時に起床して、いよいよ寅の刻の午前三時には・・・


護摩堂で 「毘沙門天護摩」の護摩祈願 がとりおこなわれました


真言密教の醍醐味ですよね


千手院の管長さん主導の毘沙門天護摩は、迫力の太鼓と千手院の僧侶の方々の護摩祈願が相まって、荘厳ななかにも力強いパワーがあふれており、毘沙門天護摩らしい護摩焚きでした072.gif049.gif


光照は「光柳寺建立実現」を護摩木に書きましたよ


そして、午前4時には 朝護孫子寺の中心、本堂(毘沙門堂)において
大般若祈祷の祈願法会 

去年の11月の懐水集での毘沙門祭りで光照と井上先生が行った大般若祈祷です


信貴山での大般若祈祷は、総勢十数名の僧侶の方々でとりおこなわれましたので、そりゃ~大迫力です066.gif

一緒に参拝した娘は

「日々修行を積まれた僧侶の方々が、歴史あるお堂で、有難い仏様の前で、きちんとした作法にのっとって祈願をかけることのパワーを身をもって実感できた」


と感動しておりました


三寅参り、盛りだくさんの企画になっているんです!!

まだ、終わらないんです!!


次は、信貴山ツアーです


by bisyamon0114 | 2015-02-26 20:00 | Comments(0)
宝の神様でもある毘沙門さまのおられる信貴山に伝わる秘宝・・・・

参拝に来た面々には触る機会を与えてくださるという005.gif


お宝っていったい何だろうとわくわくしているところ・・・


やっぱり秘宝なので、まずはお宝のあるところまでは、毘沙門様の梵字のついた目隠しをして連れていかれました085.gif


しばらく歩いていくと、「ここに宝を守るトラがいらっしゃいますので、踏まないように飛び越えてください」というお言葉・・・


恐る恐る片足をあげました


「もうちょっと」

えっ💦 →ちょっとびびってます

大股で飛び越えました!


ドキドキしてたどり着いた先にようやくお宝がありました

「龍が口からはいた玉」を手袋越しですがなでなでしました016.gif


興奮冷めやらぬ中、目隠しのまま元の場所へ戻り、その日の授戒会は終わりました(菩薩十善戒とは何かは改めて書きますね)


そして、お風呂に入りました

お風呂では、参拝された方々とお話する機会もありました

皆さん、いろいろな思いがあってこの日に参られたのだな~としみじみ


毘沙門様に「助けられた」、「導いてほしい」 というそれぞれの思いがあります


さあ、いよいよ 「三寅参り」の19日の寅の刻に向けて、仮眠しなくちゃ~と午前2時に目覚ましをかけたのです


つづく・・・



by bisyamon0114 | 2015-02-26 06:00 | Comments(0)


2月19日、奈良の本山の信貴山に「三寅参り(みとらまいり)」に行って参りました~060.gif


三寅参りって??なんだろうという方!

福を授かれるお参りなんです019.gif


自分でも不思議なんですが、信貴山に行った日から、数日前からの旅行の疲れ(今回は鞍馬寺、東寺、信貴山の毘沙門様三社参りを決行!!)にもかかわらず、眉の間がムズムズ、元気いっぱ~い071.gifになりました056.gif


そして、三寅参りから帰ってから、数日たちますが、やっぱり福を授かれた、毘沙門様ありがとう053.gifということがいくつも起こっています


ここで、三寅参りとは・・・

皆さんも何年生まれ、干支というのがありますよね。今年は未(ひつじ)年ですね。

干支の中に寅年があります。干支は子丑寅宇辰巳・・と12ありますね。

その中で、寅年は12年に一回しかきません(当たり前ですが・・)
 

とらは毘沙門さまのお使いといわれております。とらがお使いなんて、毘沙門様、かっこいいですよね~

毘沙門様をご本尊とする信貴山では、とらが至る所にいらっしゃいます



c0348065_22254547.jpg



宿泊したお部屋にも・・・
c0348065_22272406.jpg

毘沙門様が、寅の年の、寅の日(2/7.2/19)の、寅の刻(午前3時から5時まで)にご出現になられて以来、寅が三つ並ぶと 三寅の福 が授かるといわれております

寅の年の寅の日の寅の刻は12年に一度なのでなかなか参加する機会に恵まれませんよね

それで、毎年、「寅の月」(2月)、「寅の日」、「寅の刻」(午前三時~五時)に年に一度の三寅の福を授かる参拝をすることができるようにされているのですね

2月19日が寅の月の寅の刻でしたので、前日から信貴山入りしました

c0348065_22242720.jpg
c0348065_22251498.jpg
c0348065_22262667.jpg
千手院にお世話になりました

夕方17時半から精進料理の夕食でした

板前さんの作る精進料理はとても美味しく、また、千手院の皆さまの心のこもったおもてなしがやさしく、身体も心もほかほかになりました。


そして19時から、菩薩十善会の授戒会がありました

毘沙門様の真言を唱えながら参拝の皆さまと会場に入り、菩薩十善会をお授けいただきました。

そして、毘沙門様は七福神のお一人でもあられることからわかるように、財宝の神様です

なんと、信貴山に伝わる   072.gifお宝072.gif   を触れる 機会にも恵まれたのです037.gif


お宝ってなに~なに~

気になりますよね084.gif


三寅参りのご報告は続きます~




by bisyamon0114 | 2015-02-25 23:19 | Comments(2)
私は体の不調をきっかけに、青柳麻喜さんにヒーリングを依頼しました。

でも、その不調は3才の頃、大好きな父が死んでしまったという出来事が原因でした。
その悲しみが余りにも大きく、父への感情を抹殺するという方法を無意識にとったようです。

2度と会えない所に旅立った父への思いは黒い塊となり、私の心身を不調にしていきました057.gif


c0348065_10534815.jpg

得度式まで修行したお寺のお地蔵様

地獄にいる子供も救ってくださいます

地獄は人間の心の中にありますね


セッションでは瞑想も指導していただきました。
瞑想を始めると、しばらくして私の頭頂部から漏斗(じょうご)のような光がでているのを感じました。

セッションを受けてから2週間後、いよいよ初めてのヒーリングを夜23時から受けました。
遠隔ヒーリングで、私は熊本の自宅のベッドの中、麻喜さんは大阪からです。

23時を少し過ぎた頃、手足がピリピリとしてくるのを感じました。
その後天井からというか、天からまぶしい光がどんどん降りてきました072.gif

しだれ柳のような光が、どんどん降りてくる打ち上げ花火がありますよね
あの花火のイメージですが、すその広がっている部分がスカラップのように繋がっていました。

そのうちに、体がふっと軽くなり宇宙に浮いているような感じになりました。
横たわったまま、浮遊しているような感じです。

そのあと私の前に、今まで見たことのない神々しい、眩しい光がでてきたのです064.gif

それは三日月の形をしており、上弦の月と下弦の月が合わさったような形で、くるくる回転していました。

余りにも美しい光なので、この光は神様の光だと確信し、光を見失わないように
必至で後をついていきました・・・でもすぐに見失ってしまいました042.gif

残念とガッカリした瞬間・・・目の前に死んだ父の顔(というか上半身)がドーンと現れました!
それも、奈良の大仏ではと表現したいほどでかく!!

もうびっくりしたー044.gif

父はとても悲しい顔をして、私を見ていました。
私は「お父さん・・・寂しかった」と泣きました、瀧のように涙がでてきました・・・

父は 「寂しがらなくてもいいんだよ、いつも近くで見守っているから」と困った顔をしていました。

   「お父さん、一緒に暮らしたかった」といったら

父が 「残念だったよ・・・」と泣きながら言いました。

私たち親子は、感動でしばらくの間、ただ泣いていました。
私は横になっていると息ができなくなり、ベッドの背に上半身を起こしました。

そしたら急に父がその場に合わない発言をしたのです。

  「何かプレゼントするから!」

私は余りにも唐突に言われたので、おかしくなり笑って言いました。

  「お父さん、そんなに気をつかわんでもいいから」

父と私はニコニコと笑い出し、その直後に私の意識はなくなりました。

どれくらい時間が経ってからなのか・・私は夜中に目覚めました015.gif

さっきの出来事は夢??

でも私の起きた時の状態は、ベッドの背に上半身を起こし、顔は涙でカパカパでした。
私はすぐに麻喜さんに、全ての出来事をメールしました。

麻喜さんからも早速お返事が返ってきました。
メールの内容は

昨夜ヒーリングを始めたら、私もすぐに神様の光に包まれました。

それは柳子さん(私の俗名)のヒーリングを成功させるために、私も神様の光に包まれたようです。

柳子さんは、どなたか神様に見守られています。

あの光の中にはお父様もいらしたのですね。

お父様は、柳子さんに一番必要な物を必ずプレゼントされますよ。


という内容でした。

私は神様に見守られているより、もち父のプレゼントに反応しました~

何かな? やっぱ大金? なんて・・・

2月15日から19日まで大阪、京都、奈良にいってまいります。

メインは2月18日、19日の信貴山、千手院の三寅参り079.gif
2月は寅の月です、寅の月、寅の日、寅の刻(午前3時)にお参りすると三寅の福が授かると言われています。

c0348065_10330848.jpg



信貴山、千手院のお友達の、照眞さんと
夜遅くまで話し込み、朝のお勤めはねむねむ顔

照眞さんは別院、吉祥院の住職さんです
お会いするのが楽しみです

写真は吉祥院

あと、これもまたご縁が深い京都の東寺の毘沙門さま

京都の鞍馬寺の毘沙門さまにも初めてお会いしに行きます。

とても楽しみ~














by bisyamon0114 | 2015-02-13 11:18 | Comments(0)
やっとブログを書く時間ができました

仕事と僧侶の二足のわらじで活動しているもので、なかなか時間が取れません008.gif

事務所の仕事で、月末から10日までは休まず働きます。
基本的に事業で生活費を稼ぎます。

僧侶としては葬式もせず、お墓も作らず
周りの人達と、幸せに生きるには・・・
の為の智慧を身に付けるべく寺子屋、勉強の場所作りが主体です。

やっと時間ができて、まずしたことは自分のご飯作り

得度式の記念の湯飲み作りの時からお世話になっている
阿蘇坊窯の山下太さん土鍋でご飯を炊きました。

c0348065_17461191.jpg

阿蘇坊窯の土鍋で炊いた、古代米入りのご飯

阿蘇坊窯の器は阿蘇の石や溶岩でできています!!
光照は、初めて器を手にした時、強いエネルギーを感じました。

それ以来山下太さんの器を買い揃えています。


c0348065_17441256.jpg



ご飯が大好きなオカメインコのレモンちゃん


なんと我が家に来てから20年になります。

合鴨米を食べるオカメインコ037.gif
長寿の秘密は無農薬米にあり!



c0348065_17472775.jpg



左側の湯呑も山下太さんの作品、私のお気に入りの湯飲みとチョコで一休み

今日のおやつは神戸の一番館のりんご入りチョコ
私の大好物で、大阪にいる姉が毎月送ってくれます053.gif

このチョコの箱を見て驚きました!

前世に見たことあるな~と考えていたら、気が付きました。

最初、4つの前世を思い出したのですが、ある不思議な出会い
もちろん毘沙門さまつながりですが、3年前の2月11日に知り合った
熊本在住の作家坂口恭平さんをきっかけに、また1つ、別の自分の前世を思い出したのです。

え~びっくり3年前の今日ではないですか015.gif

3年前の今日知り合った恭平さんと、前世とも出会っていて、今生で出会った直後
その頃のことがよみがえったのです。

私は若い巫女
kさんも若い宮大工

まだまだ子供っぽい私たちは、よく二人でサボってました~
広大な神社の森の中で、伐採した木の上に腰かけて、色んな話をしていました。

若いけど腕の良い宮大工の恭平さんが、ある日私に作ってくださった
美しい木の小箱、唐草模様に椿のようなお花も彫ってあったような・・・

私は、その箱に小さな鏡を入れていました。

その木箱の模様にこの箱は似ているのです。


c0348065_17475505.jpg

中にリンゴのチョコが入っている、美しい箱

私は、これと似た箱を小学生の工作の時間に彫刻で彫り、賞をもらいました。

恐るべき、魂の記憶。


では、本題の毘沙門さまとの出会いのはなしへ

10年程まえ、私は何かしら体調が悪くなり、それも体の左側のすべての部分が・・・
病院に行く気にはなりませんでした。

私は、ヒーラーの青柳麻喜さんにヒーリングを依頼しました。

初めてのヒーリングは電話でのセッションからでした。

体の不調の症状の話の途中、急に麻喜さんが私に

「お母さんとの関係はどうでしたか?」
と聞かれ、とても驚きました。

私は正直に答えました。

「母にはあまり可愛がってもらってません。」

麻喜さんいわく、私のような体の不調を訴える人は
お母さんとの関係が悪かった人が多い、との事でした。

兄弟、姉妹が8人もいて、私は7番目

一番下の妹とは1歳半しか違わず、母は末っ子の妹に手がかかり
7番目の私にかまう時間はなかったでしょう。

遠い記憶では、父が私を膝の上にのせて抱っこしていたような・・・

母の近くにいた記憶はありません。

でも父は、私が3才の時に病死してしまいました。

でも、麻喜さんのセッションを受けるまで、父がいなくて寂しいと思ったことはありませんでした。

そのセッションを受けた日から急に父が死んで悲しいと思うようになりました。
父だけが私を抱っこしてくれたのに・・・

父が死んで悲しい・・・
3才の私が受けた悲しみがよみがえりました。

死という出来事で、剥ぎ取られてしまった父の愛情

私はセッションを受けてから、ますます不調になりました。

麻喜さんにそのことを伝えると
今までブロックされていた感情が出てきた、とのことでした。

私は、父子家庭のような状態の環境で育ち、父を亡くした悲しみを
子供ながら、父を思い出さない、忘れたふりをする、ということで
心をブロックしていたのです。

それからは、父に会いたいという暖かい感情が湧き上がってきました。

死んだ人に会うことはできない。

でも、父に会う奇跡がおこったのは、そのあとすぐでした072.gif

c0348065_22445639.jpg



ヒーリングをしていただいた麻喜さんや奈良さん、今井てつさんと豪華メンバー

高千穂の秋元神社で奉納演奏後撮影。

いろんな神社に行きました。

今はお寺に行く方がおおいですが・・・039.gif



















by bisyamon0114 | 2015-02-11 22:57 | Comments(2)
2015年 1月





記念すべき第1回目の写経会を開催しました072.gif


いらしたのは、懐水集の有花さん053.gif



c0348065_23071083.jpg


美容に芸術に多才な有花さんは、技術面もさることながら、心で向き合うことの大切さを知っていらっしゃるから、あのような心地よい、素敵な作品が生まれることがわかります





c0348065_23172856.jpg


出雲大社のこんぺいとうを懐水集さんで扱われるということで、毘沙門天さまに奉納くださいました

有花さんの趣有る字で「生姜こんぺい糖」とかいてあります

有花さん後ろの壁に貼ってある書は、奈良裕之さんの書








c0348065_23210086.jpg
真剣に写経をして、自己に向き合っていらっしゃいます





c0348065_23233087.jpg



光照も「光柳寺建立」を実現すべく、2014年1月から第13巻目の写経をしましたよ


お昼の献立は
■ レンコンの南蛮仕立てのサラダ
■ ほうれん草の白和え
■ かぶと長芋のかぶら蒸し
■ 七分づきの古代米入りごはん
■ お味噌汁
■ ドクダミ茶


c0348065_23252643.jpg


c0348065_23255324.jpg
c0348065_23260994.jpg


食後の法話は

■ 豆乳プリン
■ 酒粕のローチョコレート
■ ごまとシナモンのクッキー で 豊かな時間でした
c0348065_23301787.jpg

写経会に来られて、自分の運命をさらに切り開いていかれることでしょう056.gif

自分自身を客観的に見る事ができれば、色々な問題を解決できます

幸せになるためには智慧が必要です

懐水集 http://ameblo.jp/kaisuishu/





by bisyamon0114 | 2015-02-02 23:36 | Comments(0)