毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 224 )

8月25日、私の娘がブログに、TKU 栄太郎の家族が一番という番組の収録のことを載

せていますが、私も同じようにこの収録のことを下書きしていたので驚きました

光柳院とカフェ椿、医療事務の事務所の経営者と、3つの仕事全てが忙しくなってしま

い、夜にはバタンキューでブログを書くことができませんでした

今回、家族が一番というタイトルのとおり、家族で頑張っているところを紹介される番

組の収録で、私の今があるのは家族の協力をがなければできなかったと、最確認できま
した

私が周りの皆様によく質問されるのが「出家する時、ご家族は反対されなかったのです
か?」と言うことです

家族は反対するどころか、みんな協力してくれました101.png

特に年に一度のお祭りの企画、実行するにあたって、裏方の仕事は特に大変だと思います

日々の私自身の生活は、私と共に仕事をしている千春さんの全面協力あっての事です

日々忙しくて暮らしているうちに、家族の協力のおかげなんて忘れかけていました168.png

今回のTV撮影のテーマ、「家族が一番」で出家前の家族の写真を見せて下さいと依頼されて、色々な事を思い出しました

得度式の時の娘のスピーチを再度胸に刻み、これからも止まらず歩んでいこうと思います

「私の母は私の小さい頃から家の外ばかり見ていて、とても寂しかったです

昼は仕事をして、夜は電話で人の相談にのっていました

そんな母ですので、皆さんのことを一生懸命やりますので、私の母をどうぞ

使ってあげて下さい」

こんなスピーチでした173.png

信貴山の毘沙門さまは家族3人でお祭りしてあります

中央に毘沙門さま、右に奥さまの吉祥天さま、左にお二人の子供善にし童子です

娘が依然、「私達家族より毘沙門様がすきでしょう?」と聞いた時
「もちろんよ!でなけてば、出家して、こんなことできない」

と答えましたが、こんな事できているのは家族のおかげでした162.png

今年も咲きました、観音さまの百合(一本にお花が無数に咲き、まるで観音さまの頭のように見えます)


c0348065_11191218.jpeg
c0348065_11195370.jpeg
c0348065_11193096.jpeg










by bisyamon0114 | 2019-08-27 11:20 | Comments(0)
今年も芍薬が咲き始めました、花の香りは高くないのですが、花に近ずいてクンクンすると、なんとも言えない爽やかで上品な香りがします110.png

菊池に来て3年が過ぎましたが、この芍薬は引っ越しを2回しています

最初に植えたのは昭和63年位で、市営の団地に住んでいた頃です

そして平成元年に一戸建ての自宅を買って、その時に植え替えました

菊池に来てから1年をすぎた頃に、今の築山に植え替えました

計算すると32才の芍薬ですが、最初に植えた頃と何の変わりもなく艶やかに咲き誇っています

この経過からすれば、芍薬とは美しいだけではなく、なんて強い花なのでしょう166.png

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

という言葉がありますが、女性の美しさ、華やかさ、上品さ、爽やかさなどを表現した代表的な花です

私はもともと百合が大好きで、毘沙門さまの花立てにはいつも百合をいけているのですが、芍薬が咲くと直ぐに芍薬をいけます

光柳院の築山には、芍薬、牡丹、百合と全部ありますよ179.png

菊池に来て3年が過ぎ、少し余裕ができたのか、32年間も変わらず美しい花を咲かせてくれる芍薬は私の親友だなと思いを馳せています

思えば50歳までは苦難の人生でした。。。。

いまの幸せは、それを乗り越えてきたからこそです101.png

芍薬のように、凛と背筋を伸ばし、細い茎の先には大輪の美しい花をつけ、控えめだけれど爽やかで上品な香りを放つ

そんな生き方をしたい、と思いながら風に揺れる芍薬を眺めています

ちかぢか芍薬は満開です、見においで下さいませ

c0348065_07221199.jpeg
c0348065_07224102.jpeg
c0348065_07230076.jpeg







by bisyamon0114 | 2019-05-12 07:25 | Comments(0)

私の座右の銘は 「ちょっと損したぐらいが丁度良い」です


意味するところは、損だと分かっていても、承知の上で必要な行動をとったほうが、結果的には得する


と言うところでしょか101.png

得する人は損をする人のうえに成り立っています


日々の生活の中で、職場でいろんな場面で損得感情がでてきます168.png


でも私が経験した事は、人間の世界で得ばっかりするように動いても、いざという時、神仏は助けて下さらない


ということです


神仏は何時でも私たちを見ておられるので、損得勘定なしで行動している人には、ピンチの時に、タイミング良く手助けをしてくださいます173.png


「お前は、何時も損ばかりしているから 、私が今日は手伝ってやろう」

と動かれます


神仏の手伝いが入ると、いわばミラクルが起こり危機を乗り切る事ができます165.png


反対に自分で得するようにばかり動くと、神仏は「お前は、何時も自分で得ばかりするように動いているから助けはいらんな!」


となります


人間の感覚で得をするように動いても、最終的には損をしてしまいます


この事は私の人生経験で学んだ事です!


いつも控えめで、優しくちょっと損して生きている人達を勇気づけてあげたいと思い書きました


さぁー、明日もちょっと損して生きようっと177.png


畑から掘ったタケノコ、肌寒い山の夜にストーブで湯がいてます

こんな大きくなったタケノコもふっくら柔らかに炊き上がりますよ


c0348065_02502141.jpeg


by bisyamon0114 | 2019-04-23 02:48 | Comments(0)
ブログを始めてから、こんなに長く記事を書かずにいたのは初めてです

体調がイマイチ、多忙、気分が向かない、色んな理由があるのですが

上記の理由の原因は時間がなく、心に余裕が無い事だと気が付きました

時間が無くて体調悪い事の改善で、一番先にしたが良い事はインターネットを使う時間を最小限にする事だと思いました

ラインにフェイスブック、ブログ、ショッピング、1日にどれだけの時間、アイパッドと向かい合っていることか…168.png

ブログを書くまでに、ネットサーフィンをして 、なかなか進まないこともしょっちゅうです

小さい頃から読書が大好きだったのに、最近は最後まで読んだ本があるだろうか?

そういう気付きや、色んな勉強もしたいと思い、師僧から沢山の本を借りてきました

また、光照に会いに来てくださった方から本をプレゼントして頂いたこともあり、読書の春にする事にしました179.png

夜眠る前にベッドでアイパッドではなく、本を開きます

紅茶を飲みながら本の世界に没頭していきます

就寝前にインターネットでネットサーフィンをすると、お決まりで眠れなくなるのですが、読書をすると快眠できるのです

本を読んで横になると、直ぐに第三の目が開き光がみえてきます173.png

その光の世界に癒されるとスーッと眠りに入り、気持ちよく朝が迎えられます

そして体調も回復して、仕事も勉強もはかどり、イライラ、ソワソワも少なくなりました

今までどれだけインターネットに時間泥棒されてきただろう…

今夜、ブログを書くのに、ネットサーフィンもせず、すぐに書き始める事が出来ました

ネット病は治った気配…でも油断禁物、毒は大分抜けたけど、まだまだ気を許せないです

ブログも書きたいときに書き、順位など関係なく、自分自身を見つめるためのブログにしようと思えるようになりました

時間泥棒さんさようなら109.png

光柳院の採れたて野菜さん、ぜったい離れたくない人参さん
c0348065_01123148.jpeg
カブさん
c0348065_01130868.jpeg
できたサラダ、寺カフェ椿のサラダ
c0348065_01140052.jpeg


by bisyamon0114 | 2019-03-23 01:17 | Comments(0)
今年は亥年ですが、生まれて初めて山中で猪に出会う事2回

師僧の庵に行く時には、熊本と福岡の県境の山を越えていくのですが、ちょうどその県境の所に人家があります

その付近で、最初はウリ坊、猪の子供を2匹見ました

最初は子犬かと思いました。。。我が家の愛犬シュナウザーのミランの後ろ姿にとても似ていたのです

ウリ坊は車の気配を感じたらすぐに逃げて行きました

その姿がとても可愛くて、ここを通ってごめんね。。。という気持ちになりました

そして次は猪のお父さんと出会ったのですが、猪のお父さんには肝を冷やしました!

停車した私の車の前で、逃げるどころかクルッと向きを変え、私の顔を見て車に近づいて来たのです105.png

これは体当たりかと思いきや、車の脇を通り過ぎて行きました

今まで狸さん、ウサギさんには出会ったことはあるので、動物が出て来て怪我をさせないように、「出て来ないでね」と願いながら車を走らせます

だいたい21時過ぎに、山越えしていく人はいないので動物さんには迷惑なことだと思います

猪のお父さんは超強そうな出で立ちでした、貫禄がありました!

猪のお父さんが、何故逃げなかったかは、その後直ぐにわかりました、少し離れた所にウリ坊がいました

子供の猪を連れてたのです、たぶんお母さん猪と4匹家族で移動していたのではと思います

お父さん猪は、私の四輪駆動車に立ち向かおうとする位に勢いあり怖かったですが、何て頼もしいお父さんでしょうか

子供、家族を護ろうという姿に感動して、私もそんな家族の中で暮らしたかったなと思いました

私が3才の時父が亡くなり、母に厳しく育てられたので、仲良し家族は私の憧れです

猪の親子を羨む自分に苦笑です110.png

最近、世間を騒がせている人間界のDVお父さんとは大違いの頼もしい猪のお父さんとの出会いでした173.png

枝垂れ梅満開です
c0348065_09460056.jpeg
今年初のクレソンのスープ、寺カフェ椿でお出ししました
c0348065_09465220.jpeg




by bisyamon0114 | 2019-02-18 09:51 | Comments(0)
今月は風邪で体調不良のため、いろんな動きを最小限にしています

熱発して寝込むわけでもなく、咳もほとんど出なくなりましたがインフルエンザ予防のためにも無理せず体力保存、本調子に戻るまで用心です

そのために、写経会も今月はお知らせしておりません

予約で決まっていた家払いと、予約してこられる写経、カフェには出ています

ほとんど仕事を休むほど病気をする事はないのですが、数年に一度過労で倒れたり、こうして、珍しく風邪や目眩で体調不良になることがあります

そして、原因と結果を分析すると「そうだよな〜」という動きをしています119.png

お寺の仕事、カフェ、事務所の仕事の他に5月末に引っ越してきた姉夫婦の用事が増えました

二人とも80歳近い高齢者ですし、病気もあり買い物に行くことも大変です

姉は料理も全くできないので、主食は私がおにぎりを冷凍して届け、おかずはスーパーに買いに行っています

年末に兄が目眩で動けなくなり救急車を呼んで、その後姉のお世話で毎日夜遅く帰宅していました

家事はほとんど兄がやっていたので、兄がいないと姉は子供を一人で留守番させている状態です

朝は8時前に仕事に出かけ、仕事の帰りに買い物して病院か姉のマンションに立ち寄る
自宅で夕食を食べるのは23時くらい、就寝できるのは2時近く。。。

これを数日やりながら、年末年始の準備、仕事をこなして身体が悲鳴をあげました149.png

過労で自殺される人がいますが、身をもってわかるような経験でした

体が疲れたら心も病みます、正しい判断ができなくなります

私は運良く兄が3日くらいで退院できたので良かったのですが、これが1ヶ月とか続いたらどうなるか想像がつきます

日々の生活で、3つの仕事をして、さらに他の仕事を入れるのは無理でした

自分で思ったより痛んだ体が動こうとしないので、今月は出来るだけ休んで体力を戻すことにしました

今月、姉夫婦の介護認定の審査依頼をし、それが先日済み、結果待ちです

社会の役に立ちたいと出家して、修行して理想を求めて動いてきましたが、自分が歳をとり、体力が落ちていくということには考えがおよびませんでした168.png

いつも師僧から言われる事「人間は手が2つしか無いから、2つの物しか持てないようになっている」

私がたくさん持とうとするので諭されているのです

千手観音さまは千の手を持たれて働かれていますが、それだけの手が必要なのだとしみじみ思う光照です。。。

写経会のおしらせ

2月からの写経会は、奇数月は第3日曜日、、偶数月は第3土曜日、午前10時〜2時間位

(初めての方は午前9時半にお出で下さい)

写経代千円(お祓い付き)

写経後、ランチをご予約の方のみランチは2割引2160(税込み)→1728円に致します

2月は17日(日)開催(予約10名まで)

当日おいでになれない方は、別日に予約をとってください

願いの叶う写経会、お願いを叶えるため毘沙門さまに写経の奉納をしにお出で下さい


寺カフェ椿、こんなステキなパラソルが登場!

天気の良い日はテラスでお茶しませんか169.png
c0348065_10504935.jpeg
c0348065_10511147.jpeg
c0348065_10512282.jpeg








by bisyamon0114 | 2019-01-22 10:51 | Comments(0)
明けましておめでとうとございます

お正月もおわり、今日は私の62才の誕生日です101.png

まずまず、満足の人生をおくれていて感謝!

余りの忙しさに珍しく風邪をひきました。。。。

マスク姿の私を見て驚かれるので「300年ぶりに風邪ひきました」とジョークを飛ばしています

咳が出て、鼻も喉も痛くて苦しい136.png風邪ひきさんの気持ちがわかりました

1月19日(土)朝9時半、KKTのサタデココで光柳院、寺カフェ椿が紹介されます

12日に撮影を終えました、ばってん城次さんと米村律紅さんがレポーターとしてこられ、とても楽しい時間を過ごすことができました

昨年も5、6、7月とテレビ取材があり、皆さまに存在を知ってもらうのに助かりました

「今回も、相談を聞いてくれるお寺」それもカフェ付きという事でピックアップしてもらいました

私の趣旨、「悩み相談ができる」という事がだんだんと広がって行くことは本当に嬉しいです

光柳院のような小さなお寺が取り上げられる、私のやっている事が認識されるという事は、そんな場所が必要なんだという事だと思いました

毘沙門さまの指令のもと働いている光照としては、お役目がどんなに大切なものかという再認識になります

新年にあたりテレビ出演は、心ひきしまる出来事でした

今年はブログも、ちゃんと更新いたします109.png

c0348065_09435138.jpeg
c0348065_09403955.jpeg

c0348065_09410448.jpeg
c0348065_09412997.jpeg






by bisyamon0114 | 2019-01-14 09:46 | Comments(0)
先日、光柳院の手水舎が完成致しました101.png

毎年、なにかの設備を整えていこうと思い、今年の春頃に手水舎を作りたいと動き始めました

そして、作るなら10月のお祭りに間に合うように完成させたいと思い、計画実施

まず作る場所、デザイン、費用と考え試行錯誤

手水舎の本体の石、それと絶対に譲れない龍の蛇口、水道工事、全部で50万円以内で収めたい

私一人では、予算的には難しいので、石だけでも誰かに奉納して頂けないかと考えました

そして、一番最初にお願いしようと思ったのは、自然派菊池村という素敵なネーミングで斬新なお店を営まれている渡辺商店の社長さん!

お願いに伺おうと思っていたら、手水舎計画を立てた3日目の夕方「こんばんは」と渡辺社長が玄関に現れました174.png

光柳院の近くの地区に行こうとしたら道路工事で通行止め、せっかくだから毘沙門さまにお参りに寄りました、という事でした

なんてラッキー162.png

さっそく手水舎の石の奉納の件をお願いしたら、二つ返事でこころよく承諾して下さいました

その日、渡辺社長が来られたのは偶然ではなく、毘沙門さまのお計らいに間違いない!

お地蔵さまを入れた時も、お地蔵さまを入れると決めた3日目に信徒さんの歯医者さんが訪ねて来られ、お地蔵さまを奉納して下さいました

次は龍の蛇口、どこに注文したら良いのか分からず、値段も不明。。。

師僧に相談すると、すぐにfaxでカタログを送って下さいました

しかし、結構なお値段、二十数万円148.png

で、資金繰りを考え、手水舎完成のために、周りの人達に1万円の祈願をお願いしようと考えました

ガッツで頑張るぞ、と意気込んで、それを師僧にお話ししたら怒られてしまいました153.png

なんで〜、お仕事して稼ぎます、が怒られるなんて。。。。

師僧いわく、あなた今でも3つも仕事して忙しいのに一万円の祈願を二十以上も集めたりしたら病気するよ!

そんな細かいお金の事で、そんな動きはやめなさい

そういう動きをする時は、数百万、数千万を集めて設備をする時だよ!

そんな事をするぐらいなら、私が奉納するよ

エッなんて事168.png、上手くいきすぎ、思いどうりに事が運ぶ173.png

で、完成したのがこの手水舎です

水は天然の沢の水を引いてあります

皆さま心身浄化のために、手を洗いに来て下さい、運良くなりますよ165.png

c0348065_22251390.jpeg
c0348065_22253114.jpeg
c0348065_22245561.jpeg





by bisyamon0114 | 2018-12-24 22:28 | Comments(0)
月日はあっという間に過ぎてゆき、もう今年最後の月になってしまいました

11月は12日からお祓いの予定を入れて、28日で予約を終わらせ、後の依頼は12月以降にまわさせていただきました

だいたい1日に1件しかやりませんが、今月は1日に2件した日もあり、やはり2件だと体に無理すると感じました

修法自体は30分くらい、その前後の時間も含めて2時間くらいになると思います

初めて家祓いをされる方は、供物の並べ方からお教えします

修法のあとは、列席者のお祓いをしてお茶を頂きながら、少しお話しして帰ります

米、酒、鯛、水、塩、山の物、海の物、果物、お菓子とたくさんの供物が必要です

神さまに大掃除に来ていただくので、おもてなしです101.png

でも、お祓いが終わった後の供物はぜんぶ食べる事ができます

亡者祓いの時の供物は、おにぎり、まんじゅう、お茶、水、線香などを準備しますが、こちらは全部捨てます

亡者祓いに使った後の供物を食べるとお腹が痛くなると教わっています141.png

実際食べた事がないので実証はできていませんが、食べる気にはなりませんね

お祓いをすると、神さまの風を感じられる方、白い球が上から降って来たといわれる方と、感じ方は様々ですが色んな感想をお聞きすることができます

私自身は、空気が凛となり爽やかさを感じます165.png

人間は見える物しか信じない、認めない傾向があるので、その人の見え方によって捉え方が違います

実際の生活でも視力が0、01と2、00では見えかたが違いますね

そのように、五感、六感でもレベルの差で見える物の範囲が違ってきます

自分に見えない物は他の人にも見えないと思いがちですが、そうではありません

一般的には人は2割位の物しか認識できず、8割くらい物は認識できてないと思います

代表的には空気、電波、人間の想いも電波のように飛び交っているのですが見ることはできませんが、感じる事は出来ます

五感、六感と働かせたがより良く過ごせるので、身体だけではなく、心も磨いて働きを良くしましょうね173.png

毘沙門祭り、コンサートの様子です

例年どうり、今井てつさん、今年初めて来ていただいた原じゅんこさん、心洗われるひと時でした

c0348065_08070270.jpeg
c0348065_08244856.jpeg
c0348065_08255072.jpeg
c0348065_08260552.jpeg
c0348065_08251512.jpeg










by bisyamon0114 | 2018-12-03 08:29 | Comments(0)
10月28日に毘沙門天祭り、大柴灯護摩法要が終わりましたが、そのご報告が大変遅くなり申し訳ございませんでした

今年で柴灯護摩を始めてから3年目です、年々護摩木祈願もたくさんの方にして頂き感謝しております

今年の式衆は7人、昨年より2人多くなり華やかな雰囲気ななりました110.png

そのうち私を含めて女性が4人です

水祓いの儀、宝剣の儀、宝弓の儀、点火師が女性でした

まずは、その女性たちの姿からアップしたいと思います

そして、今年も龍神さまが来てくださいましたし、お祭りの翌日に御利益を頂きました
との報告もありました

少しずつ詳細をアップていきたいと思います

ご報告がこんなに遅くなったのは、私の多忙が理由です

ブログが更新されないと、私が病気ではと色々と心配をしていただきます105.png

本当にありがとうございます

今日も午前中は亡者祓い、午後は家祓いと光柳院の外に出てのお仕事です

毘沙門天まつりが終わってからお祓いの依頼がとても多く、空いている日がなく忙しく働いております

毘沙門さまは人間界の魔を祓う神さまであり、七福神の一尊で財宝の神さまでもあります173.png

光照も直ぐに御利益頂きました

龍神様がいくつも見える写真、お祭りに来られた方から頂きました

c0348065_07351088.jpeg
式衆の女性達

c0348065_07382745.jpeg
c0348065_07390035.jpeg
c0348065_07391650.jpeg
c0348065_07393213.jpeg


by bisyamon0114 | 2018-11-19 07:39 | Comments(0)