毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

毘沙門さまとの出会い 母の歴史②

私は4つの前世を思い出しましたが、多分それは今の私にとって重要な生き方を示すものです

思い出したのは自分の力では無く、もちろん毘沙門さまの力をお借りしてのことです

4つの前世では、長生きした事はなく長くてもせいぜい30才くらいまで134.png

その中で、海外での前世が一つありますが最近それがイギリスだったとわかりました

ずーっとフランスかドイツと思いこんでいましたが最近解りました

数ヶ月前ホメオパシーのレメディーの先生のカウンセリングを受けていたら、前世の思いでの中で

「私はイギリスに生まれた事もあります…」

と無意識で話し、あっフランスでもドイツでもなくイギリスだったんだとわかりました

その時、ホメオパシーの先生の前世の姿が今の先生の姿に重なって観えました

先生は小さな引き出しがたくさん付いている箪笥の様な薬いれの前に座っておられました

伝記で読んだキュリー婦人のような姿でした

先生にそれをお伝えすると、以前他の人にも同じような事を言われたとおっしゃいました102.png

そして、自分は前世、薬草を処方して病気を治していたので魔女裁判にかけられ火あぶりの刑で殺されたようです…と

やはり、何度生まれ変わっても自分のお役目は変わらないのです!

私はイギリスでの前世で女の子を産み、赤ちゃんの時にその子と別れました

結婚して子供を産んだのはその時だけです

子供は旦那さんの方に取られ、私はその後病死しています

多分、 肺を悪くしていたので子供に移らないように離されたのかも…

その時の娘が今の千春さんです

千春さんは、赤ちゃんの時は日本人離れした顔立ちでした

私に気がついて欲しかったのでしょうね

私の思い出した前世は、ほとんど裕福な家庭で一人っ子

前世、その頃の私は、普通の家の兄弟、姉妹、ワイワイと楽しそうな家庭が羨ましく
普通に働いて、自由に暮らしたかったようです

そして、また生まれ変わるためにお母さんを探していた時、今生の母を見つけたのです

母の家は、棺桶から反物、食料品と何から何まで扱う大きな商家で女中さんが何十人もいたそうです

その財産は一人娘の母の物でしたが、それを全部捨てて貧乏な父と結婚し、その後の苦労は並大抵のものではなかったようです

母は好きな人と駆け落ちし親不幸をしたとの後悔があり、両親が亡くなった時は財産放棄しました

私はそんな母の潔さにみせられ、たくさんの兄弟姉妹の仲間入りをさせてもらいました

産まれてくるときに記憶を消されるので皆な覚えてないのですが、今のお母さんは自分で選んでいます

自分の家族も自分で選んでいます

そして、自分で選んだ母のもとでの人生は想いもしないほど大変なものでした

今年初の筍、光柳院産

c0348065_01130256.jpg
夜はまだ寒いので薪ストーブを焚いているので、ストーブで筍湯がき
c0348065_01132075.jpg
筍のちらし寿司完成、ひともじも光柳院の畑産、お吸い物にも畑のルッコラいれてみました、メチャ美味しかったです

今度の写経会の メニューはこれかな!
c0348065_01133459.jpg


🌸4月の写経会のご案内です🍀

❶4/23(日曜日) :10時半〜(初めての方は10時にお越しください🍀)

◯参加費
写経一巻:1,000円
写経後、お時間のある方は精進料理をどうぞ😄(1,500円)
◯ 食事はご予約お願いいたします🙏🏻
◯別日に写経できます。ご予約ください。

皆様のご参加をお待ちしております✨💗










by bisyamon0114 | 2017-04-14 01:21 | Comments(0)