毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

毘沙門さまとの出会い 記憶

珍しく風邪をひき寝込んでいます

熱は無し、咳が酷くゴホゴホと出だしたら止まらず、胸が痛くなります

やるべき仕事は山のようにあるのですが、これ以上こじらせたら大変なことになるので布団の中でじっと養生014.gif

こんな状態になり、小学生、低学年の頃の事を思い出しました

私が小学生の頃は結核予防のツベリクリン検査が一学期早々に行われていました

そして、私はいつも陽性、小学校4年生まで保健所に胸のレントゲン写真を撮りに行くグループにはいっていました

心臓も悪いかもと心電図とダブルで検査

そして、小学校一年生では体育の授業はお休み、4年生まではプール禁止!

夏休みに皆んながプールに行くのが羨ましく、こっそりプールに行ったら、母が血相変えて追いかけてきてプールからつまみ出されました008.gif

ある日、学校から帰り、家に入ったら母と15歳年上の長男がヒソヒソ話をしていて、コッソリ聴いてしまいました

なんと、その話の主人公は私でした!

私は相当身体が弱く、おそらく大人になるまで生きられないだろう、という内容でした

死んだ父は愛煙火で、40歳過ぎて産まれた私と妹を可愛がり、いつも膝に乗せてタバコを吸っていたようで、母は父のタバコが原因で私と妹は体が弱いと言っていました

実際に私と妹は小さい頃から喉が悪く、特に父に可愛がられた私は肺まで悪かった

小学生の頃、喉に痰が詰まり息ができなくなり土間に転げ回り苦しんだ事もありました

その話を聴いてしまった私は、どうしたかと言えば…

どうせ死ぬなら、病気の養生のため軽井沢に行きたいと思いました^_^

体育の授業に出れない私は、その時間は図書館で読書していたので、相当な読者家でした

何かの本で読んだ主人公になりきり、白いパラソルをさして、可愛いいワンピースを着て軽井沢の白樺の林を散歩しながら養生するというシーンを思い浮かべたのでした037.gif

でも、現在の私は殆ど病気もせず生きております

子供の頃からピンチになると空の雲間から光が射してきて、その光を見ると元気が出てきました058.gif

子供心にもあまりにも不思議すぎて、誰にも話さないでいました

今はその光が何か理解できます

久々に子供の頃の症状が出て、50年も前の記憶が昨日のことの様に思い出されました

まだお役目が終わって無いので、時期に元気になるでしょう

2月に行った東大寺の多聞天さまの前で

c0348065_17020090.jpg
大仏さまの鼻の穴と同じ大きさの穴をくぐり抜け

c0348065_16593273.jpg







by bisyamon0114 | 2017-03-26 17:03 | Comments(0)