毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

毘沙門さまとの出会い(21)前世の自分の死 ②

しのさん(前世の光照)の亡骸を、どうげんさんは白い大きな布に包み山中を運んでいきます。
まるでサンタクロースが背中に白い袋を担いでいるような感じです。


そして、山中にお墓を堀り、しのさんは埋められました


死んだ私は、とても寂しくなり、また父母に親不孝をしたと悔いました
悲しい、悲しい、寂しい、寂しい・・・と泣いています。


すると、懐に抱いていた毘沙門さまからパーッと眩しいが光が出てきました072.gif
そして毘沙門さまは、しのさんを抱きかかえて天に昇っていかれたのです。


その光景をみた私は感動し、それから毘沙門さまのとりこになったのです!


毘沙門さまは強いばかりではなく、とても優しい神様です


その後、私はどうげんさんに対して疑心暗鬼になりました、私をほったらかしてどこへ行っていたのだろう?


Cさんに聞いたら「昔は戦争が多かったから、その手伝いに行っていた・・・
でもしのさんが死にかけているのを感じて急いで帰ってきたんだよ」と答えられました。


その頃は、現在の自分としのさんがごちゃごちゃになり、しのさんの人格に支配されそうになっていました002.gif


当時から、光照の家には神棚がありましたので朝晩熱心にお祈りをしていました。
ある日、私がしのだった頃の両親に申し訳ないと悔いていると、その頃の両親の姿を感じて謝ることができました。


また、ある日お祈りをしていると私の体から魚の腐ったようなにおいがし始め、次のような光景が観えました
死んだしのさんの亡骸を前に呆然とすわりこむどうげんさんの姿


どうげんさんは、悲しんで私の亡骸の前に数日座り込んでおられたようです
いよいよ亡骸から死臭が出始め、仕方なく埋められたようです。


どうげんさんに対して、恨みをだきそうになっていた私としのさんをいさめる為
生きている私から死臭まで出して、そうではないと、おしえて頂くねんの入れように驚きました。


人を恨むことは、自分自身にとっても余程良くないことなんでしょうね003.gif

私の師僧の毘沙門さまは兜をかぶった信貴山型の毘沙門さま

毘沙門さまとの出会い(21)前世の自分の死 ②_c0348065_19520906.jpg













by bisyamon0114 | 2015-05-22 19:54 | Comments(0)