毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

毘沙門天さまとの出会い (19)再び雷山へ ⑤

数百年の時間を経て、再び私とCさんは雷山の毘沙門さまの前に立っていました。



私は「お城の毘沙門さまが漆塗りの黒い厨子に入っていましたよね」と思いで話のように話していました
その時は目の前にいるCさんは、今生のCさんではなく山伏なのです。



一番上のお堂に行き、右の縁側に出たら、またしのさんと山伏の姿が観えました。



獣道、いえ道などない山の斜面に、しのさんをおぶって登る山伏の姿が写真のように張り付いていました
私は懐に大切な宝物をいれ、あとは着の身着のままで預けられたお寺を抜け出したのです。



懐のなかには白い布に包まれた、小さな毘沙門さまが入っています。
この姿を思い出すと胸キュンになります053.gif



いつもいつも、毘沙門さまを懐に入れて移動していました
私の宝物、お母さんからお城を出る時に頂きました。



しのがお寺に預けられるとき父は「直ぐに迎えに行くから」と言ったのですが、母はしのが一生お城に帰れないことを知っていました。



それで母はお城の毘沙門様ではなく、自分の毘沙門さまを私にくださいました。




現在の私、光照は出家前に毘沙門さまの仏像を注文しましたが、そのサイズはその時の毘沙門さまのサイズと同じです016.gif



光照の毘沙門祭りや写経会の時にお参りされた方は小さい毘沙門さまに物足りなさを感じられたかもです。



けちって小さくしたんではないんですよ。。。
毎年のお祭りの時は、今でも私が抱いて移動しております。





枯れない榊

現在毘沙門さまは2階の私の部屋で、いつも一緒です。(毘沙門さまと、できるだけ離れたくないのです)
祈願の依頼や写経会で人がお参りにいらした時だけ一階の和室に移します。



毘沙門さまの榊、昨年11月23日の毘沙門祭りの時もこの榊でした
お祭りの前に買った榊ですが、半年も枯れません、新芽が出てきて根っこがでてきてます。



お祭りでの大般若経と、日々の私のお経のエネルギーで不死身の榊になったようです。



昨年、毘沙門講の会員さまの会社のお祓いで使ったお花も、数か月枯れず驚いたことがあります。
お経パワー凄すぎ012.gif

毘沙門天さまとの出会い (19)再び雷山へ ⑤_c0348065_23573226.jpg
信貴山の千手院、ただ一人の尼さん照眞さんから頂いた毘沙門のぼり、華やかになりました。
照眞さんありがとうございました。

毘沙門天さまとの出会い (19)再び雷山へ ⑤_c0348065_00013628.jpg










by bisyamon0114 | 2015-05-17 07:00 | Comments(0)