毘沙門天 ティティティア bisyamon10.exblog.jp

毘沙門天と光り輝くものへ


by bisyamon0114
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

毘沙門さまとの出会い (6) 雷山での出会い



しろ蛇さまの出現にあわてた私は、一週間後雷山のお寺へと向かいました008.gif

お寺へ向かう途中の車中で、巫女のMさんに、自宅の庭にしろ蛇さまが出現した話をしたところ

しろ蛇様は神様のお使いだと言われました。

行くのを躊躇していた私の心を見透かし、お使いのしろ蛇様までよこして…

いったい何なんだろという思いをいだきながらお寺に到着しました。


山深い場所に建つ、そのお寺は時代錯誤してしまうような趣のある雰囲気でした。

ご本尊様は、4.8メートルもある千手観音様でした。

静かな佇まいのお寺でした

c0348065_17003538.jpg



Aさんのお祓いのために千手観音様の前に並んで座って、ふと前を見渡すと

千手観音様の両脇にも仏像があるのに気がつきました。

すると、私は向かって左側の脇仏の仏像から目が離せなくなりました。

今まで仏像になど興味のなかった私は、その仏像が何なのかはさっぱりわかりませんでした。

でも、とにかカッコいい~

見たとたんに一目惚れです

目が離せないほどに心奪われてしまいました。

何度もここに来ておられる、Mさんにその仏像の名前を尋ねましたが知らないと言われました。

私は独り言のように、左の脇仏を見ながら目はハート053.gif
「千手観音さまも凄いんですが、隣のあの仏像カッコいい~」

無事にお祓いが終わり、道順に進むとカッコいい脇仏の前にでました。

脇仏さまもかなりの大きさで、下からお顔を見上げた私は・・・突然に

「毘沙門様~」と言いながら、脇仏さまの前にひれ伏し号泣していました。

泣きながら、畳に張り付く私を見て、一緒に行ったMさんAさんは驚き困られました。

お坊さんや他の参拝者の目もありますし、私は両脇を抱えられ裏の方に連れていかれました。

Mさんが、「柳子さんどうされたんですか?」と聞かれると

私は「あれは毘沙門天さまです・・・」と答えました。

そうこうしているときに、Aさんに突然誰かが乗り移り、

「この方は豊臣方のお方に間違いないです・・・」

和服姿の柳子さんの前にたくさんのお侍さんがいます。

そして、一番後ろから修験僧が見ている。

と、このような内容の事を言われました。

c0348065_01175517.jpg




また、私はお寺の羅漢さまの下に折れた刀や、たくさんの死んだお侍さんの姿を感じました。

そして、お寺では数か月前に亡くなられたAさんのおじいちゃんが私に会いにこられていました。

Aさんの問題を解決するために、お力を貸して頂くMさんを紹介するように働かれたのはAさんのおじいちゃんでした。

Aさんをとても愛しておられる方の気持ちを感じ、Mさんにお話したのはAさんのおじいちゃんの愛情だったのです。

私は、死んだ後も子孫や生前の家族を思うご先祖さまの優しい気持ちに気づかされました。

ドラマよりも凄い一日で、私は色々と起こる不思議な出来事に混乱してしまいました。

そんな出来事があった1週間後、Mさんからメールがありました。

「柳子さん、今日私はまた雷山のお寺に来ていますが、柳子さんが号泣された仏像の前には立札があり

 それには多聞天と書いてありました。

 柳子さんは毘沙門天と言われましたが、あれは多聞天です。」

私は、もうびっくりしました!

そんなはずはない、あの仏像は毘沙門天様だ!

直ぐにインターネットで多聞天を検索したら、四天王でまつられているときは北方を守護する多聞天、

四天王で、唯一独尊でまつられている多聞天は、独尊の時は毘沙門天と呼ぶことがわかりました。

私は、ホッとしました。

やはり、あの仏像は毘沙門天様よね006.gif

すぐにMさんにはその旨をメールしましたが、そのあと皆が気が付いたことがありました。

仏像の前にはかなり大きな立札があり、多聞天と書いてあった・・・

なのに、私はお顔を見て 毘沙門さまと呼んで号泣した・・・

私は雷山の毘沙門さまとお会いしてから、寝ても覚めても毘沙門さまの事が頭から離れず

完全に恋をしてしまいました。





by bisyamon0114 | 2015-03-19 18:27 | Comments(0)